在宅ワークで必要なスキル・能力は?知らないと絶対に失敗する!?

今回は、在宅ワークで仕事をしていくうえで

「在宅ワークをする上での必須スキルは?」
「どんな仕事が稼げるの?」
「稼げる仕事に必要な能力は?」
「効率の良い学習方法は?」

など在宅ワークをしていく上で、重要なスキルや学習方法について解説していきます。

5分ほどで読み終わると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

在宅ワーク必須の能力

在宅ワークで必要な能力について説明していきます。

タイピング(ブラインドタッチ)

在宅ワークはパソコンをメインとする仕事がほとんどのため、タイピング能力が必要になってきます。

特にキーボードを見ないで、スラスラ文字を打てるブラインドタッチが必要です。

ブラインドタッチができれば、打ち込むときに誤字・脱字のチェックもできますし、文字入力速度も上がるため、仕事をこなす速度ができない人と比べて段違いです。

ブラインドタッチの練習をする場合、無料のソフトが大量にありますので、慣れていない方は毎日コツコツ練習することをおすすめします。

楽しく練習したいのであれば「寿司打」というサイトがおすすめです。

ツールをダウンロードすることなくサイト上で練習ができますし、タイピング速度、誤字などを点数形式で表示してくれるので、自分の上達がすぐにわかります。

コミュニケーション能力

在宅ワークでは、人と話をすることなく仕事ができるという印象をもっているかもしれませんが、実はコミュニケーション能力は必須です。

電話やWEB会議ツールを使うことは少なく、ほとんどがメールやチャットでやりとりをすることになります。

しかしメールやチャットでのやりとりが多いからこそ、コミュニケーション能力が必要になってきます。

相手に自分の意図を文字で伝えることは、直接話すより難しく、なかなか自分の考えが伝わらず時間がかかってしまったり、仕様を間違ってとらえてしまったなど、少しの認識のズレで仕事が失敗してしまうこともあります。

分かりやすい文章、仕事を開始する前に、自分の認識があっているか最終確認するなどを心がけていきましょう。

自己管理力

在宅ワークでは、様々なクライアントから仕事を受注して作業を進める必要があります。

案件を受注するまえに、しっかり工数見積を行い、自分のスケジュール上受けても問題ないかなどを判断していきましょう。

また、基本的には家で仕事をすることになりますが、家には仕事を妨害するような誘惑が多々あります。

自分を監視する人がいないため、

「休憩ついでにマンガを見ていたら一時間たっていた」
「ちょっと疲れたから布団で横になっていたら眠ってしまった」
「今日はやる気がないから明日まとめて仕事しよう」

など自分の欲望を抑制できない人は、在宅ワークをこなすことはなかなか難しいです。

家で仕事をするのであれば、仕事をする部屋は「何もない空間にする」ことが理想です。

マンガ、ゲーム、テレビが部屋にあるのであれば、別の部屋に移したり、スマホなども仕事で使わないのであればしまうくらい徹底して仕事ができる部屋つくりを行いましょう。

クライアントと仕事をする上でのマナー

在宅ワークでは顔を全く知らないクライアントと仕事をすることになります。

基本的にWEB上ですべてやりとりすることになるため、人間性などはあまりわからないため、クライアント側が重視するのは

「丁寧な仕事をしてくれるのか」
「要望どおりの成果物を提出してくれるか」
「納期をちゃんと守ってくれるのか」

ということです。

この3つを守って仕事をしていけば、クライアントからの信頼も得ることができ、何度も依頼を頼まれることになります。

受注先が安定してくれば、給料も安定することになるため、クライアントからの信頼を得ることができる仕事をしていくことを心がけていきましょう。

高収入を得るために必要な能力は?

在宅ワークで稼いでいくためには、専門的なスキルがほしいところです。

本章では、高収入となる仕事、必要な能力について説明していきます。

WEBライター

WEBライターは「クライアントが指定した題材に関して記事を書いて報酬をもらう」という仕事です。

例えば「プログラミングにおすすめの本について記事を書いてください」という案件で記事を書くと、ライターさんは報酬が貰えます。

クライアント側は、その書いた記事をWEB上にアップして、その本が売れれば本を出しているサイトから報酬が貰えるという仕組みです。

WEBライターとして必要なスキルとしては

・記事の題材となる商品、サービスに関するリサーチ力(google等での検索能力)
・相手に伝わるわかりやすい文章を書く能力
・題材となる商品やサービスを売ることができる能力
・SEO(Search Engine Optimization)(google検索で記事を上位表示させるスキル)

などです。

記事を書くためには、題材となる商品、サービスを知っておかなければ書けないため、google等で事前に調査する必要があります。

また、誰にでも商品、サービスのことが伝わるようわかりやすい文章を書ける力も必要になってきます。

WEBライターとしての報酬額は平均単価1文字あたり1円であり、4000文字書くのに大体3時間くらいかかります。(商品調査込み)

時給換算すると1,000円~1,500円くらいになります。

クライアントが良い記事を作ってくれると認めてくれれば、個別に依頼してくるようになり、1文字あたり10円などの超高額案件を受けることもあります。

関連記事:ライティングスキルの上げ方!スキル向上のためにやるべきこと

翻訳

翻訳する言語や、翻訳するスピードにもよりますが、翻訳の相場は以下のとおりです。

・日本語 → 英語(英訳):時給1,500円~2,500円
・英語 → 日本語(和訳):時給2,000円~4,000円

英語の翻訳の相場に関して記載しましたが、スペイン語やフランス語等の英語以外の翻訳はもう少し単価が上がります。

翻訳の仕事を受けるうえで、一番重要視されるのは「翻訳の正確性」です。

正確性がなくてもよいのであれば、google翻訳等の翻訳サイトで十分ですからね。

クライアントは翻訳の正確性を求めるため、誤字、脱字のない確実な翻訳を心がけていきましょう。

丁寧で正確な翻訳で仕事をこなしていけば、クライアントから信頼を得ることができ、単価が上がっていきますので、相場以上の報酬を獲得することができます。

関連記事:副業で翻訳は稼げるか?翻訳で稼ぐための方法を解説!

プログラマー

在宅ワークの中でも特に専門的な知識が必要になってくるプログラマー。

専門的な知識が必要になってくるからこそ、単価が圧倒的に高く、ひとつの案件をこなすだけで数万円~数十万円という高い報酬がもらえることになります。

案件の例を挙げると

<案件内容>
google youtube APIを使用して、会員が動画投稿、閲覧できるサイトの作成

<報酬>
10万~20万

などがあり、以下の機能を実装すればでき、3日くらいで終わるくらいのボリュームとなっています。

・youtubeの動画をアップロードする機能
・会員ごとにアップロードした動画を閲覧できる機能
・動画のアップロード、閲覧できる画面

プログラミング経験者であれば、本職以上に稼ぐことが可能であるため、在宅ワークの中ではかなりおすすめの職種となっています。

関連記事:プログラミング副業で稼ぐためには?働き方、学習方法を徹底解説

WEBデザイナー

プログラマー同様に専門的なスキルが必要になってくるので、こちらも報酬が高くなっています。

仕事内容としては「ホームページ作成・編集」がメインとなっています。

必要な能力としては、プログラミングスキルに加えて、ホームページの見栄えを良くするためのデザイン能力も必要です。

関連記事:副業としてWEBデザイナーで稼げるの?副業の始め方と稼ぐ方法

必要なスキルがないと稼げない?

専門的なスキルがあれば、稼ぐことにつながるのは間違いないですが、スキルがなくても稼げる仕事はあります。

スキルがなくても稼げる仕事

<稼げる仕事>
・データ入力

データ入力は、タイピングさえできれば誰でもできる仕事なので、基本的には単価が低いです。

ただし、そんなデータ入力でも稼げる内容のものがあります。

詳しくは以下の記事に書いてあるので、興味がある方は参考にしてみてください。

参考記事:副業・在宅でデータ入力!効率的な稼ぎ方を紹介

逆に稼げない仕事

<稼げない仕事>
・アンケートモニター
・シール貼り

逆に絶対に稼げない仕事としては「アンケートモニター」「シール貼り」です。

どちらも簡単な仕事ですが、とにかく単価が低いです。

アンケートモニターに至っては、1アンケート(回答時間1分~10分)で報酬2円~10円といった圧倒的に単価が低くなっています。

ちなみに報酬が10円のものは、かなり稀です。ほとんどが2円、4円といったものが多くなっており、1時間頑張っても100円も稼げないので、お子遣いにもなりません。

能力を身につける方法

能力を身につける方法としては、以下の3つがあります。

・独学で学ぶ
・セミナー、勉強会に参加する
・スクールに通う

独学で学ぶ

本やWEBサイトで調べて、スキルを身につける方法です。

<メリット>
・お金があまりかからない
・自分のペースで学習できる

<デメリット>
・時間がかかる
・わからないときに行き詰まり挫折しやすい
・意思が弱い人は、勉強より遊びを優先してしまう
・間違った知識がついてしまう可能性がある

自分が目標を持っていて、意思が強い人ができる学習方法かと思います。

お金をかけずに学習するのが一番理想的ではありますが、その分時間がかかってしまうなどのデメリットがあるのは間違いありません。

セミナー、勉強会に参加する

独学が苦手な人は、セミナーや勉強会に参加することをおすすめします。

初心者向けのセミナー、勉強会は無料のものが多く、やはり知っている人から教わったほうが、理解を深められるかと思います。

セミナーや勉強会は、大体1時間~2時間ほどのものが多いため、時間的にも参加しやすいというのが特徴です。

ただし、初心者以上の知識を得たいのであれば、どうしてもセミナーを受講するのにお金がかかってしまいます。

安い料金で学習したいのであれば、「ストアカ」がおすすめです。

「ストアカ」は幅広い分野のセミナーを開催しているサイトであり、習得したい知識をピンポイントで得ることができます。

「ストアカ」自体の会員登録、サイト利用ともに無料であり、セミナーを受講するときにしかお金はかかりません。

1回の受講は、ほとんどが5,000円以下なので、気軽に参加できるかと思います。

スクールに通う

一番手っ取り早いのは、スキルを習得するための専門のスクールに通うことです。

専門スクールが料金が高い分、スキル習得するための正しいカリキュラムが組まれているため、実用的なスキルが習得できるという点が魅力のひとつです。

ただし、費用はその分かかってしまいますが、短期間で習得できるので時間効率がよく、即戦力の正しい知識を身につけることができます。

<プログラミングスクール>
未経験からエンジニアを目指すTechAcademy Pro

<WEBデザイナースクール>
未経験からのWebデザインコースTechAcademy

最後に

在宅ワークは、専門的なスキルがなくてもできますが、スキルを持っていたほうがより稼ぎやすいのは確かです。

特にプログラミングスキル、WEBライターのスキルを身につけることができれば、在宅ワークで十分稼げます。

自分の目標をしっかり立てて、身につけるべきスキルの習得を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました