ライティングスキルの上げ方!スキル向上のためにやるべきこと

「教えてくれる人が誰もいない・・・」
「そもそもどうやって勉強すればいいかわからない」

WEBライターとして仕事を始めたばかりの人だと、どうやってライティングスキルを上げていけばいいかわからないといった人が多いと思います。

今回はWEBライター初心者に向けて、ライティングスキルの上げ方、勉強方法について紹介していきます。

上手い人の文章を真似る

ライティングスキルを上げたいのであれば「上手い人の文章を真似る」のが手っ取り早いです。

上手い人の文章を参考にしていくうちに語彙力や表現力が自然と身についていきます。

自分が「こんな記事を書けるようになりたい」と思った人のサイトから、記事を徹底的に読み漁って参考にしてみると良いでしょう。

ただし、なかには「気に入ったサイトがない」「そもそも上手い人の文章というものがわからない」といった方もいると思います。

そんなときは、自分が書きたい記事に関してGoogle検索して、上位に表示されたサイトを参考にしてみると良いかと思います。

上位表示されたサイトは、世間から評価されている、アクセスされている記事であるため「文章が上手い人」という証でもあります。

ただし、参考にするがあまり、あなたが書いた記事と参考にした記事がほとんど同じ文章になってしまうことだけは絶対NGです。

記事内容が重複するような文章を書くと、Google等からペナルティを食らい、あなたの記事はGoogle検索で上位表示されなくなってしまいます。

上位表示されない記事は、誰にも読んでもらえなくなってしまいますので、あくまで参考程度にするようにしましょう。

記事の読み手を意識して書く

記事を書くときは必ず読者を意識しながら書きましょう。

「この書き方だと読者に伝わりにくいかな?」
「読者が知りたいことは何か」
「読みやすい記事構成になっているかな?」

など常に読者目線で記事を書いていきましょう。

WEBライターの記事作成の基本は、「読者が知りたい情報」が書かれているかということが重要です。

読者の知りたい情報が書かれていない記事は、上手い文章であっても読まれることはありません。

また、専門用語などを多用している記事をたまに見かけますが、わからない言葉を使われても、読者はその言葉をいちいち調べなくてはいけないので、別のわかりやすい記事を探しに行きます。

常に読者を意識して、知りたい情報、わかりやすい情報を書くことを意識していきましょう。

上手い人の文章をダメ出ししてみる

上手い人の記事でも、必ずダメな部分はあります。

上手い人の記事を読んでみて「この説明じゃわかりにくい」「もう少し具体的に説明したほうがいいんじゃないかな?」というところを探してみましょう。

読者目線で読んでいけば、必ずダメな部分を探すことができます。

そのダメな部分を探し出し、自分の書いた記事に修正した内容を取り込むことができるようになれば、文章力は確実に上がります。

上手い人の文章を読むだけではなく、悪いところも指摘できる訓練をしていくと、自分の書いた文章を読み返したときに修正できる能力を身につけれるようになるので、ぜひ実践してみてください。

相手に説明が伝わりやすいよう例を挙げる癖をつける

記事で説明文を入れるときは、例を挙げるようにしましょう。

たとえば「SEOとは何か」について説明したときに、悪い例と良い例を紹介していきます。

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジン最適化を意味します。

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジン最適化を意味します。

例えばgoogle等で検索したときに上位にサイトを表示させるといった方法です。

基本的に読者は上位に表示されたブログやホームページを開いて、自分の知りたい情報を得ようとします。

検索結果の上位に表示されれば、あなたの書いた記事にアクセスが集まるので、たくさんの人に読んでもらえるといったことを目的としています。

前者の説明で「検索エンジン最適化」と言われても、SEO初心者の人が読んだとき、なんのことやらさっぱりわかりません。

誰でもわかるようにするために、例文等を書いていくことを意識しましょう。

画像を使って、わかりやすくしたものを貼り付けると、より親切かと思います。

心に残るキーワードをメモする

本や、ブログ等を読んだときに心に残ったキーワードをメモするようにしましょう。

あなたが心に残った文章というのは、あなたの感情を動かしたということです。

例えば、記事紹介で商品を売るときに、その商品を買いたいと思わせる文章を書かなければなりません。

その商品のアピールポイントを書いて、読者の感情を動かしたときに初めて商品を買ってもらえるということになります。

感情を動かされた文章をメモしていき、自分なりの定型文を作っておくと、感情を動かせる良い文章を作れるようになります。

実践しなければスキルは身につかない

上手い人の記事を読んだりするだけでは、スキルが身についたと思っていても実際書いてみると、案外思ったように書けなかったりするものです。

習得したスキルを本当に身につけるためには、実践しなくてはいけません。

そのためには毎日コツコツ記事を書く習慣を身につけていきましょう。

実践に勝る学習方法はありません。

クラウドソーシングサイト等でスキルを学ぶ

クラウドソーシングサイトとは「企業や個人が依頼した仕事を誰でも簡単に受けることができる」といったサイトです。

クラウドソーシングサイトには様々なWEBライターの案件がありますが、「ライティング講座の案件」というものをたまに見かけます。

このライティング講座案件は「有料版としてライティング講座を開く予定だが、その前にその内容についてモニターとして評価してほしい」という案件です。

有料級の講座を無料(むしろ報酬を少しばかりもらえます)で受けることができるため、ライティングを学びたいという方は受けてみるものアリかと思います。

ただし、注意してほしいのは、講座終了後に別の講座(本当に有料のもの)に勧誘されるということです。

こちらはほぼ確定で勧誘されると思いますので、断るなり、受講するにしても本当に必要なものかを判断していきましょう。

勧誘が怖ければ、普通にWEBライターの案件を受けて学んでいくという手段もあります。

WEBライターの案件の中には、クライアントが丁寧に記事の書き方を教えてくれるといったものもあるので、スキルを学びながら稼いでいくといった方法もあります。

一応クラウドソーシングサイトをやったことがないという方のためにおすすめのクラウドソーシングサイトのURLを貼っておきます。

まとめ

まとめるとこんな感じです。

・上手い人の文章を真似る
・記事の読み手を意識して書く
・上手い人の文章をダメ出ししてみる
・相手に説明が伝わりやすいよう例を挙げる癖をつける
・心に残るキーワードをメモする
・ひたすら記事を書いていく
・クラウドソーシングサイト等でスキルを学ぶ

ライティングスキルを上げていくためには、上手い人の文章を読み漁り、あとはとにかく実践です!

実践しなければ、自分のスキルとして身につかないので、最初は上手い文章が書けなくてもいいので、実践することを心がけていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました