【2021年最新】1 on 1 Freelanceの評判・口コミは?実際に利用した方の口コミに加えてメリット・デメリット等も解説!

首都圏を中心としたIT系フリーランス向けの案件を紹介してくれるサイト「1 on 1 Freelance」。

平均年収840万円の高水準の報酬や、業界知識の高い専属コーディネーターによる案件紹介を売りとしている1 on 1 Freelanceですが、やはり実際に利用した方の評判・口コミは気になりますよね。

本記事では1 on 1 Freelanceの評判・口コミに加えて、メリット・デメリット等についても解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

1 on 1 Freelanceの悪い評判・口コミは?

案件数が少ない

・1時間前にリマインドメールがくる
・顔は見えていないがおそらく同い年くらい?の男性で親近感もあり話しやすかった

【良い点】
キャリアカウンセラーの雰囲気

【悪い点】
独自のビデオ面談ツール(ZoomとかSkypeではない)なので若干勝手がわからなかった(面談に支障があるほどではない)
キャリアカウンセラーの方の対応などはすごく良いので、案件の数がもっとあればいいなと思いました。

引用元:フリーランススタート – 1 on 1 Freelanceの評判

とても丁寧にカウンセリングしていただきました。
現在案件参画中でしたが、今後のキャリアカウンセリングや次回の案件紹介など、とても丁寧にカウンセリングしていただきました。
営業担当の方もフリーランス支援経験の長い方のようでとても安心感がありました。

【悪い点】
案件がもう少し豊富であればより良いかもしれません。

引用元:フリーランススタート – 1 on 1 Freelanceの評判

カウンセラーの対応が丁寧という口コミの反面、「案件数が少ない」という口コミが目立ちました。

1 on 1 Freelanceは2020年3月に設立されたブルベース株式会社が運営している新しいサービスでもあることから案件数が少ないようです。

案件数が少ないと、紹介される案件数も少なくなってしまい、より条件に合った案件を選べないというデメリットもあり、正直マイナスポイントとしては大きいかと思います。

1 on 1 Freelanceの良い評判・口コミは?

専属コーディネーターの質が高い

# 面談で良かった点
– 担当者の方が、非常に気さくな方でした。
– 夜分遅くでも、柔軟に面談時間を調整していただけました。
– 私が希望している報酬価格よりも実際もう少し上を狙える旨を教えていただきました。エージェントにとっては、本人の希望単価をあげることにあまりメリットがないにも関わらず、素直な市場価値を教えていただいたことに非常に好感が持てました。

# 改善してほしい点
– 特になし

# 営業やキャリアカウンセラーの質
– しっかりとヒアリングしていただき、いろいろな角度からのご提案をいただけました。
– 技術的知識も十分に持ち合わせており、コミュニケーションスキルも高かったです。

# オフィスの綺麗さ(登録面談の場所)
– リモートだったため不明

引用元:フリーランススタート – 1 on 1 Freelanceの評判

いくつかご紹介いただいた案件は、他のどのエージェントよりも私の希望にマッチしていました。面談時にとても明確に私の希望をヒアリングしていただけたのを感じます。

バレットグループ社は、自社で広告事業やD2C事業も営んでいるようで、自社にまつわる案件などもご紹介いただけたのが、興味深かったです。

引用元:フリーランススタート – 1 on 1 Freelanceの評判

他サイトですとIT業界の知識が少ない方が担当者になることも多く、紹介された案件がフリーランスのレベルに合わないものや、希望に合っていない案件を紹介されることが多いです。

その反面、1 on 1 Freelanceの専属コーディネーターは十分な知識をもっているようなので、安心して案件紹介をまかせることができるような印象です。

一人の専属コーディネーターが案件紹介~案件参画中のサポートを全て行ってくれる

今までのエージェントは面談担当者とは別に企業担当者がいて、面談当日に初めて会うような感じでしたが、このエージェントは面談と企業面接が同じ人で安心できました。野球選手のエージェント制度に近いような感じで、会社に給与交渉など、まるっと任せられる担当者で助かりました。

【良い点】
契約書の取り交わしも非常に楽です。収入印紙貼って書類出す手間もかからないので、助かりました。

【悪い点】
案件数がもっとあればいいけど、言えば何とかしてくれます。

引用元:フリーランススタート – 1 on 1 Freelanceの評判

他サイトでは「案件紹介」「面談担当者」「案件参画中のフォロー」を別々の人間が行うことが多く、「毎回何度も同じようなやりとりをしないといけない」「情報の連携が上手くいかない」「対応が遅い」など色々なデメリットが起こる原因にもなります。

1 on 1 Freelanceでは専属コーディネーターが全てを担当できる知識・経験をもっているので、全ての工程を一人で行うことができ、スムーズに工程を進めることができるようです。

1 on 1 Freelanceのデメリットは?

1 on 1 Freelanceのデメリットについても把握しておきましょう。

福利厚生がない

1 on 1 Freelanceでは「損害責任補償」「所得補償」「弁護士費用保険」「各種施設等の優待利用」などフリーランスとして安心・快適に活動するための福利厚生サービスは提供されていません。

フリーランスの得られる給料は会社員より圧倒的に多いという反面、案件先とトラブルになった際の損害賠償補償や、ケガ・入院時に給料が補償されるわけではないため、収入がゼロになってしまう可能性もあります。

そういったときの対応ができるよう福利厚生サービスは正直ほしいところです。

充実した福利厚生サービスを求めるのであれば、会社員並みの福利厚生サービスを提供してくれる【midworks】を利用すると良いでしょう。

案件数が少ない

1 on 1 Freelanceでは公開されている案件数が50~100件程度と非常に少ないです。非公開にしている案件もありますが、公開されている案件数からしても少ないと言えるでしょう。

案件数が少ないと、紹介される案件数も少なくなってしまい、より希望に合った案件を選べないということになります。

最悪な場合、案件が紹介されないといったことになってしまい、ただただ時間だけを無駄に浪費してしまうハメになります。

案件数を重視するのであれば、大手サイトのレバテックフリーランス27,446件と圧倒的に多くなっています。

抱える案件数が多いと、その分良質な案件を紹介してもらえる可能性が高くなるので、案件数に不安を覚える場合はレバテックフリーランスを利用するほうが良いかもしれません。

週2~3日、リモート案件も少ない

1 on 1 Freelanceは東京、神奈川、千葉、埼玉を中心とする週5日の客先常駐型案件をメインとしています。

週2~3日案件やリモート案件が少なく「プライベート時間を確保したい」「コロナの影響もあり在宅で働きたい」「独立準備の時間がほしい」などといった要望に応えることができる案件の紹介がなかなか難しいといった状況です。

また、首都圏以外の地方に在住しているフリーランスの方にも案件紹介は難しいといったことになります。

「週2~3日」「リモート案件」をやりたいという方は「リモートビズ」をおすすめします。

リモートのみの案件を紹介【リモートビズ】

1 on 1 Freelanceのメリットは?

1 on 1 Freelanceのメリットについて解説していきます。

平均年収840万円と高水準の収入

1 on 1 Freelanceで働くフリーランスの平均年収は840万円と非常に高い水準となっています。

平均年収が高い理由としては、業界トップの中間マージン率の低さにあります。

他サイトの中間マージンの平均はだいたい20%と言われていますが、1 on 1 Freelanceのマージン率は10%とかなり低いマージン率となっています。

さらに1 on 1 Freelanceでは1年おきにマージン率を見直しており貢献した年数が多くなるにつれて、マージン率をさらに少なくなっていくので、長く働けば働くほどより高い報酬が得られるという仕組みになっています。

専属コーディネーターのサポートが充実

1 on 1 Freelanceでは、フリーランスひとりひとりに専属コーディネーターががついてくれて、案件紹介~案件参画中までをサポートをしてくれます。

IT業界に精通した専属コーディネーターがフリーランスのスキル・知識の考慮、フリーランスの案件に対する要望、今後のキャリアアップを考慮した案件を丁寧に紹介してくれます。

また、案件に対する情報収集もしっかり行っているため、フリーランスの案件マッチング率が高いと口コミでも評判となっています。

また案件紹介だけではなく、案件参画中のトラブルや悩み相談にも親身に乗ってくれるので、安心して仕事に取り組むことができるのが1 on 1 Freelanceの魅力です。

フリーランスの生活をサポート

1 on 1 Freelanceでは、以下のサポートを行っています。

  • 税理士・弁護士の紹介よりフリーランスライフのサポート
  • フリーランス交流会の定期開催よりコミュニティ作りをサポート
  • フリーランス勉強会の定期開催よりスキルアップをサポート

フリーランスにとって面倒な確定申告などの税金関連なども税理士を紹介してくれるなどフォローしてくれます。

また、フリーランス交流会・勉強会の開催を定期的に行ってくれるので、自分のスキルを高めることができ、より高い単価の案件を獲得するためのサポートをしてくれます。

1 on 1 Freelanceの利用料金は?

1 on 1 Freelanceは会員登録、システム利用ともに無料です。

一切お金がかからないので、どんな案件が紹介されるかお試しで利用してみるのもアリかと思います。

1 on 1 Freelanceの案件紹介の流れ

1 on 1 Freelanceを利用して案件を獲得するまでの流れについて紹介していきます。

会員登録

1 on 1 Freelanceのホームページより無料会員登録を行います。

登録内容としては「お名前」「メールアドレス」などを登録するだけなので、1分もあれば終わる内容となっています。

専属コーディネーターとの面談

会員登録後、1 on 1 Freelanceの担当者から連絡が来て、専属コーディネーターとの面談日の調整を行います。

面談内容としては、あなたのスキル・実績、案件に希望する条件などが聞かれます。

また面談の際に1 on 1 Freelanceに関する質問等を投げてみると良いでしょう。

疑問点に関しては、早めに解消することをお勧めします。

案件紹介

専属コーディネーターとの面談結果より、希望に沿った案件が紹介されます。

気に入った案件があれば応募してみましょう。

クライアント面談

案件に応募し書類審査に合格すると、次はクライアントとの面談になります。

面談対策などは専属コーディネーターがサポートしてくれますので、安心して面談に臨みましょう。

案件参画

クライアント面談に合格し、フリーランスとクライアントの双方が条件に合意すれば契約締結となり、案件に参画することとなります。

案件参画中のトラブルや悩みなどについても専属コーディネーターが相談に乗ってくれるので、何か問題があれば遠慮せずすぐに相談するようにしましょう。

最後に

1 on 1 Freelanceは「首都圏を中心とするIT系フリーランス向けの案件を紹介してくれるサイト」です。

平均年収840万円の高報酬を実現しており、専属コーディネーターが丁寧かつ素早い対応で案件紹介をサポートしてくれます。

利用料金も全て無料で利用できるサイトですので、どんな案件が紹介されるか試してみると良いでしょう。

運営会社 ブルベース株式会社
設立日 2020年3月
所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿 5-15-14
対応地区 東京、神奈川、千葉、埼玉
支払いサイト 30日(月末締め翌月末払い)
中間マージン 10%
利用料金 無料
リンク 1 on 1 Freelance

コメント

タイトルとURLをコピーしました