みんなが抱える在宅ワークの悩みと解決策について

在宅ワークをしている人の8割以上は何かかしら悩みを抱えています。

今回は在宅ワークでの悩みについてのアンケート結果とその解決方法について解説していきます。

5分程度で読み終わる内容ですので、ぜひ参考にしてみてください。

在宅ワークで感じる悩みについてのアンケート結果と解決方法

在宅ワークについて悩みを抱える人が非常に多くいます。

本章では在宅ワークに関する悩みについてのアンケート調査結果とそれぞれの悩みに対する解決策について説明していきます。

第1位 家族がいて集中できない

「子供が気になる」
「家族が見ているテレビの音がうるさい」
「掃除や買い物の手伝いで仕事を中断させられる」

など家族がいると仕事に集中できないケースがあります。

解決策とすれば、図書館、本屋、カフェなど家族がいない場所で仕事をするのもアリかと思います。

家とは違い、遊ぶものなど誘惑の少ない場所で作業をすることで、仕事に集中できますし、他人の目があると監視されている気になるので、仕事をしなければという気になります。

本気で集中したい場合、お金はかかりますが、思い切ってレンタルオフィスやコワーキングスペースを利用するのも良いでしょう。

環境的にも仕事に集中できますし、お金が発生することで「仕事をしなくては」という意識が生まれます。

レンタルオフィスやコワーキングスペースのどちらが良いかと言えば、コワーキングスペースなどのほうが良いかと思います。

コワーキングスペースのほうが金額的にも安いですし、共有型オフィスであれば、周りの人はみんな働いており、普段の職場に近い状態で働けるので、普段通りの仕事ができるかと思います。

<おすすめのレンタルオフィス>
24時間使えるレンタルオフィスならBIZcircle(ビズサークル)

<おすすめのコワーキングスペース>
ビズコンフォート – 月額で使い放題のコワーキングスペース

第2位 コミュニケーションがとりにくい

「ちょっとしたことを聞くときの連絡がめんどくさい」
「上司への軽い相談のハードルが高くなった」
「電話やメールをすることが増え、それに時間がとられる」

など普段なら少し会話すれば解決できることが、電話やメールで聞かなければいけなくなり、それがめんどくさく問題を抱えてしまうケースや、時間がとられるといったケースで悩む人が多くいます。

在宅ワークを適用している会社のほとんどは、報連相に関する問題を解決するため、WEB会議用のツールを適用しています。

例えば「Zoom」「Microsoft Teams」「Google meet」など無料で利用できる便利なツールが多々あります。

複数人同時のリアルタイムでの会議ができるので、いつでも会話ができますし、通常の職場環境に近い状態で仕事をすることができます。

まだWEB会議ツールを導入していない会社であれば、上司などに提案してみると良いでしょう。

第3位 集中力が続かない/やる気が出ない

「マンガやテレビなどの誘惑に負けてしまう」
「ふとんで寝てしまう」

など自宅ならではの誘惑に負けてしまうといったことが多いです。

在宅ワークをするのであれば、まず自分が作業する部屋を職場環境に近い状態にすることが重要です。

マンガやテレビは部屋から避難することをお勧めします。

仕事で携帯を使わないのであれば、携帯も部屋の外に出すなど徹底しなければ仕事に集中することはできないでしょう。

なるべく仕事部屋は何もない状態にして、誘惑のない環境作りをすることが大切です。

第4位 自宅ではできない仕事がある

「セキュリティの問題で見れない書類がある」
「個人情報を持って帰れないため業務の半分以上が自宅ではできない」

などセキュリティの問題や、職種の兼ね合いなどで自宅でできない仕事が大半であったりする人が多いようです。

たしかにセキュリティの問題は、個人個人が解決することは難しいです。

どんなにセキュリティ対策をとったとしても、会社が必要書類の持ち出しを許可しない場合は、はっきりいってどうしようもありません。

また情報漏洩のリスクは非常に高く、下手をすると損害賠償問題に発展してしまうため、会社の方針に従ったほうが良いかと思います。

第5位 仕事環境が整っていない/(同票)ネット環境が悪い

「家の机、イスがパソコン環境に合っていない」
「イスがないため、地べたに座って作業になるので腰がいたい」
「通信環境、パソコンのスペックが悪く、普段の作業に倍の時間かかる」

など環境に問題を抱える人がいますが、普通に環境問題を解決していけばよいかと思います。

在宅ワークは主流になりつつありますし、机、イスも意外と安く手に入ります。

仕事目的のために環境を整えるので、会社によっては経費で落ちることもあります。

パソコンなども会社から貸し出し可能かもしれませんので、上司の方に環境で困っていることを相談してみると良いかと思います。

第6位 オン・オフの切り替えが難しい

「オンオフの切り替えができず、常に仕事をしている気分になる」
「ずっと家にいるので、休日と勤務日のメリハリがない」
「就業時間の区切りがなく、仕事の切り上げや休憩のタイミングがわからない」

常に仕事中みたいな錯覚がおきてしまい、プライベート時間でもあまりリラックスできないといった悩みを抱える人もいます。

私の場合は、働く時間は会社の勤務時間に合わせています。

また、一日のノルマが早く終われば、それ以上仕事はやりません。

勤務時間いっぱいダラダラやっても、効率は落ちますし、仕事が早く終われば切り上げてよいということにすれば、モチベーションが上がり、仕事効率も上がります。

また、勤務時間に合わせて「始業時間」「休憩時間」「終了時間」でアラームを設定しています。

アラームの音で仕事のスイッチの切り替えを意識的に行っているので、「ずっと仕事中」みたいな錯覚に陥ったことはありません。

第7位 運動不足/間食が増えた

「ずっと家にいるので、一日1000歩歩いていないと思う」
「冷蔵庫のおかしをあさったり、間食が多くなって太った」
「通勤時と広いオフィスで歩いており無意識に運動していたが、それがまったくなくなり体重が増えた」

間食や運動不足による体重増加に問題を抱えている人がいます。

私は在宅ワークをするようになってからは、「朝の散歩」を取り入れました。

ラジオ体操と一緒でちょっと体を動かすだけで、集中力が高まります。

また、日の光を浴びることも大事です。

体内時計と実際の時間にはわずかなズレがあり、それをリセットしてくれるのが太陽の光なのです。

また、眠気を誘う「メラトニン」を減らす働きもあるので、スッキリ目覚めることができます。

5分から10分程度の短い時間でも十分な効果が得られるかと思います。

間食に関しては、カロリーの低いものや脂肪燃焼の助けになるものに切り替えると良いかと思います。

・70%以上の高カカオのチョコレート(1枚(4.8g)あたり25kcal)
・こんにゃくゼリー(0kcal)
・低脂肪ヨーグルト(100gあたり100kcal)
・あたりめ(100gあたり100kal)

カロリーは商品にもよりますが、上記商品であれば、カロリーが低く、体にも良い効果がありますので、健康を意識した間食に切り替えると良いかと思います。

第8位 水道光熱費・通信費がかさむ

・一日中自宅にいるため、光熱費が馬鹿にならないくらいかかる
・会社支給の携帯がないため、電話代が上がった

光熱費は確実に上がることになり、特に夏、冬のエアコン代に苦しむ方が多くなっています。

光熱費や通信費も会社の経費で落とせる可能性はあります。

例:
光熱費:6万円
勤務時間:1日8時間
勤務日数:15日
6万 × 1/3(8時間/24時間)× 1/2(15日/30日)≒ 経費:1万円

仕事目的とするものは、基本的に経費となるため、会社が負担してくれる可能性がありますので、上司に相談してみることをお勧めします。

第9位 近隣の音が気になる

「普段気にしなかった近隣住民のドアの開け閉めの音がきになる」
「周囲の騒音がうるさく仕事に集中できない」
「近隣の工事音がうるさくWEB会議に困る」

普段は気にならない音などが仕事中だときになることがありますよね。

一度気になりだすと、どうしても意識してしまい、耳障りになるため、仕事の集中に支障をきたしてしまいます。

音に対する対策としては

「回避」「制御」「結合」「分離」「移転」の5つがあります。

・回避 – 物理的に音から離れる
・制御 – 仕切りやパーティションなどで音を遮断、吸収させる
・結合 – イヤホン、ヘッドホンで音楽を聴き、音に対して音で対処する
・分離 – 子供の声がうるさい場合、登校時間と仕事時間をずらすなどで対処する
・移転 – 子供の声が気になるのであれば、ベビーシッターや保育園などに預けるなど音自体を遠ざける

第10位 WEB会議で映る部屋

「無難な背景のところにわざわざ移動するのがめんどい」
「自分の部屋が映るのがきになる」
「Zoomで背景がを入れると、背景隠すことに突っ込まれてめんどくさい」

背景がきになるのであれば、大きい白色の紙を壁に貼り付ければ解決すると思います。

白色の背景はよくある壁色でありますし、紙を貼り付けるだけなのでお金もほとんどかかりません。

最後に

在宅ワークで抱える悩みのほとんどは簡単に解決できると思います。

悩みを抱え続けると、仕事が終わらず自分のプライベート時間が削られることになり、なかなかストレス発散できる時間を作れなくなり、体調不良の原因になることもあります。

早めに解決して、スッキリした状態で仕事に打ち込めるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました