プロシートの評判・口コミは? – クライアントと直接契約を結べる案件を紹介 –

今回は東京を拠点として活躍するIT系フリーランス向けの案件を紹介してくれる「プロシート」について

「プロシートッてどんなサービス?」
「プロシートのメリット・デメリット」
「プロシートの利用料金は?」
「プロシートの評判・口コミは?」

などプロシートに関する疑問点について解説していきます。

プロシートの詳細

運営会社 ランサーズエージェンシー株式会社
所在地 東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル 11F
設立日 2014年12月
対象 エンジニア・デザイナー
リンク プロシート(PROsheet)

プロシートはパラフト株式会社が運営する(ランサーズの子会社)IT系フリーランス向けの案件を紹介してくれるエージェントサイトです。

東京を中心に週5日の客先常駐型の案件をメインとして扱っており、首都圏で活躍するフリーランス向けのサイトとなっています。

プロシートのメリット

プロシートのメリットについて解説していきます。

高単価案件が多い

プロシートの案件は、非常に高単価のものが多くなっています。

理由としては、案件を依頼する企業とフリーランスが直接契約をするからです。

通常のエージェントサイトでは、エージェントサイトを通して契約を行っており、企業とフリーランス間のお金の流れが見えないため、エージェントサイトに多くのマージン料を取られてしまうため、単価が低くなってしまいます。

例えば、100万円の案件の依頼があったとしても、エージェントサイトにマージン料がとられて、フリーランス側には50万円しか支払われないといったようなことになります。

それに対して、プロシートでは、企業とフリーランスが直接契約を結ぶため、企業がフリーランスにいくら支払うかといった情報が全て公開されます。

案件紹介料としてプロシート側にもお金がいきますが、他エージェントサイトより高い金額で契約を結ぶことができます。

専属コンサルタントが案件を紹介

プロシートでは、IT業界に長けた専属コンサルタントがフリーランスの要望に沿った案件を紹介してくれます。

フリーランスのスキル、実績を考慮した案件や、スキルアップをしたいなどの要望にも対応してくれます。

また、案件紹介以外にも、悩みやフリーランスに関する疑問点などにも答えてくれるので、遠慮なく相談してみましょう。

プロシートのデメリット

プロシートのデメリットについて解説していきます。

プロシートは、報酬自体は高いのですが、それ以外のサービスに関しては、他エージェントサイトに少し劣るように感じました。

福利厚生が微妙

プロシートの福利厚生は

・人間ドック、健康診断の割引
・クラウド会計ソフトの無料利用(1年分)

の2つが主な内容であり、他エージェントサイトに比べるとサービスが劣ります

例えば福利厚生が充実している【midworks】では、人間ドックの他にも、案件が獲得できなかった期間にも給料がもらえる給料保障制度や、確定申告のフォロー、その他保険料の一部負担など、様々な福利厚生サービスがついてきます。

東京以外の案件が少ない

2021年3月時点で公開されている案件は、全部で1218件ありますが、そのうち1189件が東京の案件であり、地方で働きたいという方にとって案件を紹介するのは難しい状況です

コロナの影響もあり、一部はリモートワークが可能ですが、まだまだ客先常駐型の案件がメインとなっています。

地方で活躍したいフリーランスの方は以下のエージェントサイトをおすすめします。

リモートのみの案件を紹介【リモートビズ】

30都道府県に対応したサイト【Pe-BANK】

副業としては利用できない

プロシートの案件は、週5日の案件がほとんどであるため、土日だけ働きたいなどの副業的な働き方をしたいという人には、向いていないサイトとなっています。

土日だけ、平日のすきま時間を使って仕事をしたいという方は以下をおすすめします。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

クラウドソーシング「ランサーズ」

未経験には厳しい

プロシートでは、単価が高い案件が多い代わりに、求められる実績、スキルも高くなっているため、未経験の方や経験の浅いエンジニアに紹介できる案件はかなり少なくなっています。

最低でも1年以上のエンジニア経験が必要です。

実績が1年未満でもフリーランスとして活動したい方はIT求人ナビフリーランスをおすすめします。

口コミが少ない

ツイッター等でプロシートを実際に利用したことのある人の口コミを探しましたが、参考になりそうなものは現時点で見つかりませんでした。

口コミが少ないと、本当に良い案件を紹介してくれるのかがよくわからないため、不安に感じてしまいます。

ただし、プロシートは、会員登録、システム利用は無料ですので、登録してもリスクがないので、実際にどんな案件が紹介されるのか自分の目で確かめてみるのもアリかと思います。

プロシートの利用料金は?

前述でも記載してありますが、プロシートの会員登録、システム利用はともに無料となっています。

プロシートの評判・口コミ

プロシートに関する口コミは、ツイッターでは見つかりませんでした。

プロシートに関する口コミのまとめサイトがあるので、そちらを参考にすると良いかと思います。

参考:みんなの評判ランキング

プロシートの案件獲得までの流れ

プロシートを利用して案件が紹介されるまでの流れを簡単に説明していきます。

①会員登録

プロシート(PROsheet)のホームページより会員登録を行います。

登録方法としてはメールアドレス、パスワードを入力すればすぐに会員登録できますが、Facebook、Google、Lancersのアカウントからでもすぐに登録可能です。

②スキル登録

次は、スキル登録を行います。

少しめんどくさい作業ですが、丁寧に書いていきましょう。面談がスムーズに進むようになります。

③キャリア面談

プロシートの専属コンサルタントとの面談となります。

面談方法としては、対面もしくはオンラインの面談を選ぶことができます。

面談内容としては、実績、スキルのヒアリング、案件に関する希望内容等です。

ヒアリングだけでなく、プロシート、フリーランス関する疑問点にも答えてくれるので、遠慮なく質問してみましょう。

④オファー受諾

キャリア面談後に、フリーランスに合った案件を紹介してくれます。

紹介された案件の中から気に入ったものがあれば、受けてみましょう。

⑤企業面談

企業との面談になります。

面談には、プロシートの担当者が同席してくれるので、安心して面談に臨みましょう。

契約内容(報酬額、勤務時間、参画日など)に関する交渉しずらい内容は、プロシートが調整してくれるので、希望を伝えておきましょう。

⑥契約成立

契約内容に問題なければ、契約成立となり、案件への参画となります。

最後に

プロシートは、東京を中心に活動するIT系フリーランス向けの案件を紹介してくれるサイトです。

収入面では良い案件を紹介してくれるサイトではありますが、サービス面では他エージェントサイトに見劣りしてしまう部分があり、実際に利用した人の声が少ないため、多少不安には感じます。

現時点では、有名な他エージェントサイトを利用するほうが良い気がしますが、無料ですので、お試しで利用してみるのもありかもしません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました