ワインの副業を始めるときのおすすめの方法7選を紹介!

本記事ではワイン関連の副業を探している方に

・ワイン副業おすすめ7選
・ワイン副業の始め方
・ワイン副業の選び方は?

などワイン副業に関する疑問点について解説していきます。

5分ほどで読み終わるので、ぜひ参考にしてみてください。

ワイン関連の副業ってどんな仕事があるの?おすすめ7選

ワインの副業の仕事の種類について何があるのか解説していきます。

バー・レストランで働く

ワイン関連を扱っているバーやレストランで副業を行う方法です。

ワインを専門としている店で働くことによって、先輩や上司から知識を学ぶことができるため、今まで以上にワインに関する知識を身につけることができるのが、魅力のひとつです。

google等で「東京 ワイン 求人」など、それぞれの住まいで検索をすれば求人情報がすぐに出てきます。

ワインのネット販売

ワインをネットで販売する方法です。

自分でワインをネット注文できるようホームページを作るか、Amazonなどの通販サイトに出品するなどを行い、ワインの販売をします。

こちらは「ワインを仕入れ先を確保できること」が必要であり、売れ筋のワインを把握することや、ワインの魅力を伝える説明文で伝えることが、ワインを売りさばくポイントとなります。

また、ワインを保管しておく環境も必要になってきます。
ワインが売れた時に仕入先に発注する方法もありますが、ネット販売は届けるスピードも重視されるため、自宅等にワインが劣化しない保管できる環境を確保しておく必要があります。

ネット販売は、基本的に出品作業を行えば、後は待つだけなので、常に仕事をする必要もなく、売れた時にだけ納品作業を行えばよいので、ワインを売るコツさえつかめば稼げる手段かと思います。

ワイン投資

ワイン投資は、若いワインの仕入れを行い、熟成させてからワインの価値が上がったときに販売するというやり方です。

どのワインが熟成したときに人気なのかを把握する必要があり、またどれくらい価値が上がるのかなど利益率も考えておく必要があります。

ワイン投資は、なかなか難しい方法で、熟成に失敗してしまった場合や、買い手が全くつかない場合に赤字を抱えることになります。

見返りも大きいですが、リスクが高いワイン副業となっています。

ワインのノウハウを講師として教える

ワインに関する知識を生かしたセミナーを開催して受講料をもらうというやり方です。

例えば

・チーズ好き集合!チーズの基本とワインとの合わせ方を学ぶ入門講座
・【入門講座】90分でワインの基礎を覚えてワインが楽しくなる講座
・【オンライン】ワイン検定ブロンズクラス🍷合格への道!

など「食べ物に合ったワイン選び」や「ワインのマナー」「ワイン検定の学習のコツ」など自分のワインの知識をセミナーに生かす副業です。

ツイッター等でセミナー受講生を集める方法もありますが、難しいと感じる人は、ストアカを利用すると良いかもしれません。

ストアカは「誰でも簡単にセミナーを開催できるサイト」であり、生徒として登録している人も32万人以上登録しているため、かなり受講生が集まりやすくなっています。

無料で利用することができ、開催場所、開催時間も自由で、オンライン開催もできますので、自分の隙間時間にセミナーを開催していくのもありかと思います。

ツイッター、インスタグラム等のSNSでワイン情報を発信

ツイッターやインスタグラムなどのSNSでワインに関する情報を発信し、人気になれば、集客口のカギにもなります。

また、ワイン関連の仕事のオファーが来るなどが期待されます。

ワイン専門のYoutuberになる

ワイン専門の情報を発信していくYoutuberになり、再生されることで広告費を稼いだり、Youtuberとして人気がでることで自分のお店の宣伝や集客することにも利用できます。

ただし、ワインはなかなかマニアックな部類であり、ワインの知識を発信するだけでは、なかなか再生数は稼げません。

ワイン系で再生数を稼いでいるジャンルとしては、「外国人にワインを飲ませてみた」などが人気です。

「○○ × ワイン」など何かとワインを組み合わせたものでなければ、稼ぐことは難しいかと思います。

ワイン関連の記事を書くライターになる

ワイン関連の記事を書くことで、報酬をもらうという「WEBライター」の仕事を副業にする方法です。

記事作成依頼の受注方法としては「クラウドソーシングサイト」がおすすめとなっています。

「クラウドソーシングサイト」とは「企業や個人が依頼する案件を誰でも受けることができるサイト」のことです。

案件の種類は多々あり、ワイン関連であれば、「記事作成」「ワインの出品作業のお手伝い」「ワイン会のメニュー作成」などがあります。

自分の得意なことを仕事にする

自分の得意なことと、ワインを関連付けた仕事をするのが良いかと思います。

例えば、人に教えることが得意な人は「教える × ワイン = ワインのセミナーを講師として開く」など自分の得意なこととワインを組み合わせれば、より自分の強みを生かした副業ができるので、自分の得意なことを考えてどんな副業を始めるか考えてみましょう。

最後に

・バー、レストランで働く
・ワインのネット販売
・ワイン投資
・ワインのノウハウを講師として教える
・ツイッター、インスタグラム等のSNSでワイン情報を発信
・ワイン専門のYoutuberになる
・ワイン関連の記事を書くライターになる

ワインの知識が高い人は少なく、希少価値が高いため、仕事の需要はまだまだあります。

ただし、本業に支障をきたさない程度に副業を行うことも重要です。

副業が忙しすぎて体を壊してしまっては、元も子もありませんからね。

自分の隙間時間がどれくらいか、得意なことは何かを考えて、自分のスタイルに合ったワイン副業にチャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました