グラフィックデザイナーの副業は未経験でもできるのか – 必要なスキルと学習法 –

今回はグラフィックデザイナーを目指したい未経験の方に向けて

・そもそもグラフィックデザイナーってどんな仕事?
・グラフィックデザイナーに必要なスキルは?
・グラフィックデザイナーになるための学習方法

などについて解説していきます。

結論から言うと、グラフィックデザイナーは「絵が上手に書ける」などのデザインセンスはいりません。

スキルさえ身につければ、高収入を稼げる職業なので、本記事を読んで何を勉強すればよいのかしっかり学んでいきましょう。

グラフィックデザイナーの仕事ってどんなの?

グラフィックデザイナーの仕事は「雑誌や新聞などの広告デザイン」「パッケージ・看板・チラシなどのデザイン」「アイコン、ロゴなどのデザイン」「WEBサイトをデザイン」することです。

副業でグラフィックデザイナーの仕事をする人は、会社に所属せずに、個人、企業からデザインの依頼を直接受けて仕事をします。

未経験の方がグラフィックデザイナーを始める場合は、クラウドソーシングサイト(*)でクライアントから仕事の依頼をこなして仕事の受注先を確保したり、ツイッターなどのSNSを利用して、仕事を受注したりします。

(*) クラウドソーシングサイト – 個人や会社が依頼する案件を誰でも簡単に受けることができるサイト

グラフィックデザイナーに必要なスキルは?

では具体的にどのようなスキルが必要かを見ていきましょう。

・デザインツールを使いこなすスキル
・万人にうけるデザイン能力
・書体・フォントに関する知識

デザインツールを使いこなすスキル

グラフィックデザイナーに必須のスキルと言えば、デザインツールを使いこなすことです。

グラフィックデザインに関する代表的なツールとしては

・Illustrator
・Photoshop

などがあります。

手作業で苦労していた作業もツールを使えば、一瞬で作業が終わってしまうこともあり、速くて丁寧な仕事をしたいのであれば、デザインツールを使いこなすことは必須になってきます。

万人にうけるデザイン能力

当然グラフィックデザイナーには、デザイン能力が必要になってきます。

ただし、ここでいうデザイン能力とは芸大や美大に通うようなデザインセンスとは違います。

芸大や美大のデザインセンスはあくまで、専門家にうけるデザインであり、一般の人が理解できるセンスの良さとは限りません。

グラフィックデザイナーの仕事は、広告デザイン、ロゴ、WEBサイトのデザインであり、一般人向けに見栄えが良いと思えるものを作らなければいけないので「専門家にうけるデザイン」ではなく「万人にうけるデザイン」が必要になってきます。

グラフィックデザイナーの参考書等では、基礎的なデザイン理論(見栄えの良い黄金比等)、一般的に良いとされるデザインに関しての色の配色であったり、全体構成をどうすればよいかなどの情報が記載されており、基本的には、テンプレートを覚えていって、デザインテンプレートを使いこなすということが重要になってきます。

書体・フォントに関する知識

広告デザイン、ロゴ、WEBサイトのデザインでは何かかしら文字を表示することになり、「文字の書体・フォントに関する知識」が必要になってきます。

世の中には、数多くのフォントがあり、新しいフォントも次々と出てきています。

そんなフォントに関して、作品や商品イメージに合ったフォントを選ぶために、どんなフォントがあるのかを知っておかなくてはいけません。

グラフィックデザイナーの方は「固定のフォントしか使わない人」がほとんどで、多くのフォントを把握している人は意外と少ないのです。

「どういうフォントがあるのか」「このフォントはどういうレイアイトに合ったものなのか」の知識をつけていけば、グラフィックデザイナーの人の中でも特化した武器になるでしょう。

未経験からグラフィックデザインを学ぶ方法は?

未経験の方がグラフィックデザイナーになるための勉強方法について解説していきます。

・独学で勉強する
・スクールに通う

独学で勉強する

独学で勉強する方法としては「デザイン理論」と「デザインテンプレート」を中心に学んでいく必要があります。

もちろんデザインツールに関する知識も重要です。

フォントに関してはの知識は、必須ではなく、最初は2、3個くらいのフォントの種類を覚えれば良いです。(優先的に必要なものではない)

独学で勉強をするのであれば、参考書を使って勉強するのが良いでしょう。

<おすすめの参考書>

デザイン入門教室[特別講義] 確かな力を身に付けられる

1枚で伝えるデザイン

キャッチコピー・タイトルのレイアウトくふう別グラフィックス

スクールに通う

一番手っ取り早いのが、グラフィックデザインスクールに通うことです。

スクールのメリットとしては以下が挙げられます。

・独学より短期間で学べる
・確実に実践で使えるスキルが習得できる
・スクールで仲間の繋がりができる
・スクールから仕事の紹介をしてもらえる

スクールでは、プロが正しい順序でデザイナーに関する知識を教えてくれるため、最短でスキルを習得できます。

また、スクールの一番の特徴は、デザインに関する仕事先の紹介をしてもらえることです。

仕事先を紹介してもらえることが前提であるため、スクール卒業後すぐに仕事に取り掛かれるということが魅力的です。

将来稼ぐ手段を得るための自己投資として考えるとスクールに通う方法もアリかと思います。

<おすすめのグラフィックデザイナースクール>

デジハリ・オンラインスクール – 受講満足度93.6%の高水準の学習ができる

未経験者向けWEBスクール【SHElikes】(女性向け)

即戦力になるために学べるWebスクールを探すならアクロスアカデミー

最後に

<グラフィックデザイナーに必要なスキル>
・デザインツールを使いこなすスキル
・万人にうけるデザイン能力
・書体・フォントに関する知識
<グラフィックデザイナーになるための学習方法>
・独学で勉強する
・スクールに通う

「絵を上手に書ける」などのデザインセンスがなくてもスキルさえ身につければ、誰でもグラフィックデザイナーになることができます。

「未経験だからできない」など固定概念を持たず、しっかり勉強していけば、グラフィックデザイナーで高収入を稼いでいけますので、ぜひチャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました