副業で文字起こし – 文字起こしの報酬は?作業効率アップの道のり

副業で文字起こしをやってみたいという方が増えてきています。

Youtubeが最近主流になり、動画の文字起こし等の仕事が多くなっている一方で

「副業で文字起こしを始めるには?」
「文字起こしってどれくらい稼げるのか?」
「文字起こしを効率的にやるためにはどうしたらいい?」

など様々な疑問点について解説していこうと思います。

文字起こしってどんな仕事?

文字起こしは「会議の会話内容や、Youtube動画の音声をテキスト等に文字に起こしていく」仕事です。

音声データをそのまま文章に書いていくだけの作業なので、初心者でも気軽にできる副業になっています。

文字起こしの仕事は大きく分けて3種類あります。

素起こし

音声データを一言一句書き起こす作業です。

「あのー」「えーと」などの特に意味を持たない文章や、言い間違った文章に関してもすべて文字に起こしていくといった作業です。

すべての文字を起こしていくといったことをしなくてはならないため、面倒に思うかもしれませんが、何も考えずにそのまま文字に起こせばよいので、一番簡単な作業になります。

ケバ取り

「ケバ」とは「あのー」「えーと」「ああ」など文章上意味を持たないものを指します。

話をする際に、口癖などで意外に意味をなさない言葉を使うことが多く、相槌などもケバに当たります。

そういった意味をなさない文章を取り除き、文章をスッキリさせた状態で、文字に起こしていくことをケバ取りと言います。

整文

話し言葉から「ですます調」の書き言葉に直していくといった作業です。

ケバ取りした文章を書き言葉に直していくといった作業に加えて、言い間違えた文章等に関しても訂正していき、読みやすい文章、話の内容がわかりやすい文章に整文していく作業です。

例えば以下のようなものです。

・「いろんな」→「いろいろな」
・「あれ」→ 「あれ(具体的に指し示すもの)」
・「私、よくそこに行くよ」→「私は、よく東京駅にいきます」

どれくらい稼げるものなの?

お手軽さ ★★★★★
時給 300円~3,000円

時給で言えば、初心者の方だと、大体300円~1,000円くらいで、上級者だと1,000円~3,000円くらいです。

文字起こしは、音声データをテキスト等に起こす作業がメインですが、Youtube動画などでは、テロップを入れたりする作業もお願いされるときがあるので、そういった仕事は、単価が高くなってきます。

仕事内容の例としては

「会議の音声データ(10分)の文字起こしをケバ取りでお願いします(報酬額1,000円)」

のように何分の音声をどういった方法で文字起こししてほしいといった依頼内容になっています。

文字起こしで重要になってくることは「タイピング速度」「聞き取り能力」「単語知識」となっています。

タイピング速度が速ければ、単純に作業効率を上げることができるので、時給に影響してきます。

また、会議などでは、難しい言葉を使いたがる人が多いので、単語等の知識力や、全体的な文脈をとらえる読解力も必要になってきます。

副業で文字起こしを始める方法は?

副業で文字起こしを始めるのにおすすめなのは「クラウドソーシングサイト」です。

クラウドソーシングサイトとは「企業や個人が依頼した仕事を誰でも簡単に受けることができる」といったサイトです。

クラウドソーシングサイトのメリットとしては以下があります。

・在宅で自由な時間に仕事ができる
・短時間でこなせる仕事が多い
・スキルがなくてもできる案件が豊富
・個別依頼の案件がおいしい
・仮払い方式なので確実にお金が振り込まれないという心配がない

こちらではおすすめのクラウドソーシングサイトを3つ紹介しますが、できればすべて登録しておいたほうがよいです。

理由としては、ひとつのサイトだけだとなかなかおいしい案件を見つけるのが難しいです。

複数のサイトに登録しておけば、自分の得意とする仕事だったり、中には本業を超える単価の案件を見つけることができるかもしれません。

いづれも無料ですので、気軽に登録してみましょう。

文字起こしを効率的に行うためには

文字起こしの案件をこなしていけば、慣れてくるので効率は勝手に上がってきますが、ツールを利用すればさらに効率は上がります。

文字起こしで時給の高い人でツールを使っていない人はいません。

無料でおすすめのツールはGoogleドキュメントです。

意外に知らない人が多いですが、Googleドキュメントには音声認識ツールがついています。

音声認識ツールを利用すれば、音声データを再生しておくだけで自動で文字を起こしてくれるので、文字起こしの作業効率は間違いなくあがります。

他にも文字起こし用の音声再生ソフト等も無料でダウンロードできますので、それらも駆使していけば効率は上がると思います。

無料ツールでも十分作業効率は上げれるので、ぜひ試してみてください。

まとめ

まとめるとこんな感じです。

文字起こしとは

会議、Youtube動画などの音声データを文字に起こす仕事
 ・素起こし – 音声データを一言一句書き起こす作業
 ・ケバ取り – 意味をなさない文章を省いて、文章をスッキリさせる作業
 ・整文 – ケバ取りに加えて「ですます調」の読みやすい文章にする作業

どれくらい稼げるものなの?

時給300円~3,000円

文字起こしを効率的に行うためには

音声認識ツール等を利用して効率を上げる
 ・Googleドキュメント

文字起こしは初心者でも始められる仕事です。

ツール等を駆使していけば、時給を自力で上げることもできるので、ぜひチャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました