フリーランスとは?フリーランスになるための手順などを解説

近年在宅ワークで働く人が増え、それに伴いフリーランスとして働く方も増加傾向にあります。

時間、場所に縛られず自由な働き方ができるフリーランスですが、フリーランスについて正確に知っている方は意外に少ないというのが現状です。

本記事では

  • そもそもフリーランスってどういう意味?
  • フリーランスってどんな職種があるの?おすすめの職種は?
  • フリーランスになるためにはどうすればいい?

など様々な疑問点について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

フリーランスってどういう意味?

フリーランスという言葉を聞いたことはある方は多いですが、具体的にどんなものかを把握している方は少ないです。

本章ではフリーランスの意味、働き方について解説していきます。

フリーランスってどういう意味?

フリーランスとはわかりやすく説明すると、会社などの企業に属さず個人で仕事を行っていく「働き方」のことを言います。

通常のサラリーマンは、会社と契約を交わして働きますが、フリーランスは直接顧客と契約を交わして仕事を請け負うといったことになります。

フリーランスはどの企業にも「雇用されない」というのが会社員やフリーターとの最も大きな違いでしょう。

フリーランスの働き方や報酬の形態について

会社員やフリーターは基本的には時給制であり、あらかじめ決められた給料を会社から支給されることになります。

対してフリーランスは、顧客から案件を受注し、案件ごとに報酬が支払われることになります。

1つの案件に対して報酬額が設定されているため、案件の報酬額、案件をこなした数によって報酬が決まる「成果報酬型」の働き方といったものです。

また会社員とは違い、働く場所、時間は自由であり、案件に対する成果物を納品できれば良いというのが魅力のひとつと言えるでしょう。

ただし、自由な働き方ができる分「自己管理能力」が不可欠な働き方でもあります。

会社とは違いスケジュール管理をしてくれる人はいないため、納期に間に合うよう自分でスケジュールを組み立てる必要があります。働く時間は自由ではありますが、クライアントが納得する成果物、納期を必ず守るなどを行っていかないとクライアントからの信用を失い、仕事の受注自体が難しくなってしまいます。

個人事業主との違いは?

フリーランスの類義語としての「個人事業主」。「フリーランスと個人事業主ってどう違うの?」という質問をよくありますが、正確には違います。

個人事業主は、フリーランスと働き方のスタイルは同じものですが、税務上の区分として「開業届」を税務署に提出することで個人事業主となることができ、何らかの事業を行っている方のことを言います。

つまり開業届を出さずに働いていた場合、フリーランスとしては成立しますが、個人事業主ではないということです。

あくまでフリーランスは「働き方」を示す言葉であるのに対して、個人事業主は開業届を出したかという「税法上」の言葉となります。

フリーランスにはどんな業種がある?

フリーランスは基本的に個人で活動している働き方のことを指すので、業種は様々です。

代表的なものを挙げると

  • ITエンジニア系
  • デザイン系
  • ライター系
  • コンサルタント系

それぞれどんなものか解説していきますので、参考にしてみてください。

ITエンジニア系

ITエンジニア系は、プログラミング言語を使ってWEBアプリ、スマホアプリなどを開発していく仕事となります。

依頼主からどんなシステムを作るかを聞き取り、基本設計~テストまでを実施していき、システム開発を行っていきます。

必要なスキルとしては「コミュニケーション能力(仕様の聞き取り、理解等)」「仕様書の作成」「プログラミング能力」などが必要となります。

ITエンジニア系の仕事
  • プログラマー
  • WEBコーダー
  • フロントエンドエンジニア
  • インフラエンジニア
  • ゲームエンジニア

デザイン系

「WEBサイトのデザイン」「WEB上の広告のデザイン」「ゲームなどで使うキャラクターのデザイン」「パンプレットやチラシなどの紙媒体のデザイン」などを行う仕事です。

基本的に見た目に関するものを仕上げていく仕事であり、WEB上のものであるとHTML、CSS、Photoshop、Illustratorなどの知識が必要になってきます。

ITエンジニア系の仕事
  • WEBデザイナー
  • グラフィックデザイナー
  • イラストレーター

ライター系

出版社・新聞社・個人から依頼された記事を執筆し、対価として報酬をもらう仕事です。

基本的に商品・サービスを売るために記事の執筆依頼をされることが多く、例えば「〇〇ダイエットサプリの売りたいので、魅力を最大限にアピールした記事を書いてください」などの依頼に対して記事を作成し、納品するといったものです。

他には個人でブログを作成し、広告収入で稼ぐといったブロガーなどもライター系のお仕事となります。

ライター系の仕事
  • WEBライター
  • コピーライター
  • 新聞記者
  • ブロガー

コンサルタント系

コンサルタントは、クライアントが抱える課題に対して解決策を提示し、その対価として報酬をもらうといった仕事です。

例えば「小規模のカフェを運営しているのですが、集客について相談したい」という集客に関する課題について、人を集めるための方法について解決策を提示するといったものになります。

他にも課題だけではなく「会社を初めて経営するのですが、社員の人事評価制度や給与規定についての構築をお願いしたい」など様々な相談事に対してアドバイスをしていくといった職種となります。

コンサルタントは会社の根本的な問題を解決するために非常に重要な存在であり、コンサルタントによって会社の売上や、経費削減など大きな影響を与えてくれるため、月収100万円以上などはザラであり、他の職種に比べてかなりの報酬額が期待できます。

最近では、部分的に課題を解決するスポットコンサルなどの仕事もあり、短期間で高報酬が期待できる案件などもあるため、自由な働き方ができるフリーランスにあった職種だと言えます。

コンサルタント系の仕事
  • 経営コンサルタント
  • ITコンサルタント
  • 投資コンサルタント
  • 建設コンサルタント

おすすめのフリーランスの職種は?

「ITエンジニア系」もしくは「コンサルタント系」の職種をおすすめします。

理由としては「クライアントが依頼する案件数が多い」という点にあります。

やはりフリーランスは案件を受注できなければ成り立たない働き方のため、如何に案件を確保できるかがフリーランスとして活動していくためのカギです。この「案件の確保」がフリーランスにとって一番難しい課題となります。

「ITエンジニア系」もしくは「コンサルタント系」であれば、案件を紹介してくれるサイトが多く存在するため、案件確保に苦戦したとしても、案件紹介サイトを利用するといった手段があるので、安定して活動していくことができるでしょう。

フリーランスになる前に一度副業として試してみよう

フリーランスになる前に、本当にフリーランスとしてやっていけるのか副業で試してみると良いでしょう。

いきなり会社をやめてフリーランスになり、満足のいく報酬、働き方ができないなど後悔するハメにならないようリスクを負わない働き方として副業で一度試してみることを提案します。

副業として始める場合(ITエンジニア系)

ITエンジニア系の職種で副業を始める場合は「クラウドソーシングサイト」を利用すると良いでしょう。

クラウドソーシングサイトとは「個人や企業が依頼した案件を誰でも簡単に受注することができるサイト」のことです。

クラウドソーシングサイトはITエンジニア系の案件が多く、単発・短期間で終わる案件が非常に多いため、副業に向いているサイトです。

またITエンジニア系の案件の単価は非常に高いため、副業でも十分に稼いでいくことができます。

おすすめのクラウドソーシングサイトとしては「クラウドワークス」が良いでしょう。

日本最大のクラウドソーシングサイトであり、知名度・案件数ともに日本一のサイトとなっています。無料で利用できるサイトですので、どんな案件があるのかお試しで利用してみると良いでしょう。

副業として始める場合(コンサルタント系)

コンサルタント系で副業を始めるのであれば「スポットコンサル」がおすすめです。

スポットコンサルは「自分のビジネス経験を活かし、ピンポイントの課題に対して事業改善アドバイスを行う」といったものになります。

課題として部分的な相談であるため、短時間で対応することができ副業としてスキマ時間に行える作業といったものです。

スポットコンサルの副業を始めたいのであれば「コンサルタント.jp」が良いでしょう。

上場企業が運営している会社(株式会社みらいワークス)であり、日本最大の登録者数13,000名超の会員がいる人気のサイトですので、安心して利用することができます。

低稼働でも利用できるようスポット・リモート案件を多数保有しているため、副業としても利用しやすいサイトです。

こちらも一切お金が掛からないサイトですので、お試しで利用してみると良いかと思います。

最後に

今回は「フリーランス」に関する内容を解説していきました。

フリーランスは会社員に比べて自由な働き方ができるので、魅力的に感じる方もいると思いますが、いきなり会社を辞めてフリーランスになるのはリスクが伴います。

まずは副業として始めて「成功する見込みがあるのか」「フリーランスとしてやっていけるのか」を試してみてからフリーランスへの転向を考えてみると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました