フリーランスに「向いている人」「向いていない人」の特徴は?フリーランスとして成功されるための対策

会社に縛られることなく自由な働き方ができるフリーランス。

「高収入が得られる」「楽しそう」という印象を持たれるかもしれませんが、実際のフリーランスは思っている以上に大変です。

本記事ではフリーランスになりたいという方に対して

「フリーランスに向いている人の特徴」
「フリーランスに向いていない人の特徴」
「フリーランスに向いていない人のための解決策」

について解説していきます。自分がフリーランスとしてやっていけるのかについて確認していきましょう。

フリーランスに向いている人の特徴って?

フリーランスが向いている人の特徴について解説していきます。

自制心が強い人

フリーランスは基本的に一人で仕事をすることになるため、周りに監視の目がない状態で仕事をすることになります。

「少しくらい休んでもいいかな」
「スマホをいじっているうちに一時間が過ぎていた」
「ちょっとだけ休憩するつもりが寝てしまっていた」

など会社員とは違い「仕事をしなければいけない環境」「仕事をしなければいけない雰囲気」というものが存在しないため「サボる」という誘惑に負けない自制心が必要になってきます。

一度でもサボってしまうとサボリ癖がついてしまい、なかなか元の習慣に戻すのは難しいです。

フリーランスとして活動するためには、自分をいかに制御できるかが重要になってきます。

スケジュール管理がしっかりしている人

フリーランスの仕事は、自分の裁量で仕事の量を調整していくことになります。

休日や日々の労働時間も決まっていないため、毎月の収入や、自分の体力などを考慮したスケジュールを立てなければいけません。

仕事を入れすぎると自分の体がパンクしてしまいますし、逆に仕事がなさすぎると十分な収入が得られないという結果に陥ります。

スケジュール管理を徹底し、「今日中にこの仕事は終わらせなければいけない」というラインを決め、しっかりスケジュールに沿った仕事をしていける人がフリーランスとして活躍できるでしょう。

金銭管理能力が高い人

スケジュール管理と同様にフリーランスは給料の計算から経費の計算まですべて自分で行う必要があります。

会社員の場合は、経理担当者が行っていた業務も自分でやらないといけないため、毎月のどれくらいの収入が必要か、経費がどれくらいかかるかなどを計算して仕事のスケジュールを立てていく必要があります。

税金や保険などフリーランスはなにかと支出額が大きくなるため、お金の管理を徹底し、節税対策などを行っていかなければフリーランスとして成功させることは難しいかもしれません。

安定志向ではなく向上心がある人

「安定的な給料が得られれば良い」という思考を持っている方は、フリーランスになって失敗してしまう危険性があります。

フリーランスは基本的に安定性を求めて常に同じような仕事を毎日続けていくと衰退していく可能性があります。

例えば同じクライアントから同じ仕事を受注し安定的な収入が続いていたとしても、突然その仕事の供給が増えてしまい仕事単価が下がってしまった場合、当然給料も下がることになります。

またそのクライアントが突然契約を打ち切ってきた場合、いきなり給料がゼロになる可能性もあります。

特にIT系は変化の激しい業界であるため常に「どんな仕事に需要があるのか」「どんなスキルが価値が高いのか」など情報の把握のスキルの習得が必要になってきます。

またクライアントに関しても1つの受注先ではなく複数の受注先を確保していくなど、常に自分の収入を上げていくつもりで活動ができる人はフリーランスに向いています。

フットワークが軽い人

仕事の依頼を待つスタイルの方は、なかなかフリーランスとして成功するのは難しいです。

自分から積極的に行動し、より良い条件の案件確保を目指す必要があります。

またフリーランスとして上手く立ち回るための情報を仕入れていくために、フリーランス交流会や勉強会に参加し、フリーランス同士の情報交換を行うなど、とにかくフットワークが軽いという方はフリーランスに向いています。

コミュニケーション能力の高い人

フリーランスは基本的にひとりで仕事をしていくことになりますが、営業活動や、案件の要望のヒアリングなど何かとコミュニケーションをとらなければいけません。

仕事内容にもよりますが、会社員時代よりコミュニケーションを必要とされる場合があります。

人と関わることが好きな人や、読解力、説明能力が高い人はフリーランスに向いています。

ひとりで仕事を進めていくことに抵抗がない人

前述でも話しましたが、フリーランスはひとりで仕事を進めていくことになります。

一緒に仕事をする仲間がいないため、孤独感を感じやすい環境に耐えられる人でなければ厳しいかと思います。

また仕事で問題が発生した場合でも相談相手がいないことがあるため、自分で解決する能力が高い人であることも重要です。

お客様の信頼を獲得できる3つの要素を持っている人

フリーランスはクライアントからの信頼を得るためにクライアントが満足のいくものを納品していく必要があります。

そのためには以下の3つの要素が重要になってきます。

「要望通りの成果物を提出できる」
「正確でミスのない仕事ができる」
「納期を確実に守る」

この3つの要素を守らなければクライアントからの信頼を失うことになり、クライアントからの案件依頼を貰えなくなってしまいます。

安定した仕事の受注先を確保するためにも、クライアントからの信頼を得て案件リピーターを増やしていくことがフリーランス活動のカギとなります。

フリーランスに向いていない人の特徴って?

フリーランスに向いていない方の特徴についても見ていきましょう。

交渉が苦手な人

フリーランスは、案件の納期の期限や単価交渉などクライアントとの交渉事は自分で行う必要があります。

自分のスケジュール、現在交渉しているクライアントが今後どのようなメリットを与えてくれるのかなどを考慮し「安い金額で請け負っても今後のためになる」「この納期の期限では納品できなさそうなので交渉する必要がある」など的確に判断し、交渉を行っていかなければいけません。

交渉が苦手で妥協してしまうと、割の合わない収入になったり、納期が守れず結果的にクライアントの信頼を失ってしまう状況に陥ってしまいます。

セルフコントロールが下手な人

ひとりで仕事をしていくと「やる気」「モチベーション」の管理が何かと難しいです。

仕事仲間がいないことにより、仕事の達成感を共有する相手がいないのでやりがいを感じなくなってしまい「やる気」「モチベーション」が下がってしまうということが起こります。

「やる気」「モチベーション」の低下は仕事効率の低下にもつながってしまうため、自分の感情コントロールが苦手な方はフリーランスは合っていないかもしれません。

コミュニケーションが得意ではない人

フリーランスは一人で仕事をするのでコミュニケーションは必要ないというイメージを持たれている方がいますが、クライアントとのやり取りをする必要があり、必要以上にコミュニケーション能力を求められることになります。

またフリーランスとして活動するうえでの有益な情報を集めるためには、フリーランス交流会などで多数の方と意見交換する必要があり、自分から積極的に交流しなければいけません。

指示がないと動けない人

会社員時代に上司の指示通りに仕事を行っていた方や、部下を持った経験のない方はフリーランスに向いていないかもしれません。

フリーランスの仕事は「どうやれば効率よく仕事ができるか」「今日のやるべき仕事は何か」など全て自分で考えて行動していく必要があります。

指示がないと動けない人や、自分で考えて行動するのが苦手な方はフリーランスに向いていません。

スキル・実績のない人

フリーランスはクライアントから案件を獲得しなければいけませんが、過去に経験や実績のない方が案件を獲得するのは難しいです。

クライアントが初めてあなたに仕事を依頼する場合、クライアントはあなたがどんな仕事をしてくれるのかということがわかりません。

「仕事を依頼できるレベルの技術があるのか」「要望通りの仕事をしてくれるのか」「納期はちゃんと守ってくれるのか」などまったくわからないため、持っているスキルや過去の実績・経験をもとに依頼することになります。

今までやってきた仕事や、持っている資格などが薄いとフリーランスとして活動することは難しいです。

フリーランスに向いていない方でもフリーランスになるための解決策は?

フリーランスが向いていない人の特徴に当てはまる人でもフリーランスになりたいという方に対しての解決策について説明していきます。

解決策 セルフコントロールが下手な人

フリーランスはなぜ仕事をするときに「やる気」「モチベーション」が上がらないのでしょうか?

それは仕事をしなくても怒る人もいなければ、会社員のように周りに同じように働いている人がいないため「少しくらいサボっても問題ない」と怠ける油断が生まれてしまうからです。

解決策としては職場に近い環境で仕事をするために、人の目がある場所で仕事をするように変えてみると良いでしょう。

例えば図書館や本屋、カフェといった人の目がある場所で仕事をすることで「仕事をしなければいけない」という思考にしてくれます。

もう少し職場の環境に近づけたいのであれば、コワーキングスペースを利用してみると良いでしょう。

コワーキングスペースはあなたと同じように仕事に集中したいという方が利用する場所です。仕事場のオフィスのような環境であり、さらに周りが同じように働いているため、仕事に集中することができます。

無料でやりたいのであれば、図書館、本屋、カフェ(カフェはコーヒー代などお金が多少かかるかも)、多少お金がかかっても仕事場に近い環境で仕事に集中したいのであればコワーキングスペースを利用すると良いでしょう。

解決策 スキル・実績のない人

スキル・実績がない方は、クラウドソーシングサイトを利用することをお勧めします。

クラウドソーシングサイトとは「個人や企業が依頼する案件を誰でも簡単に受注することができる」サイトです。

クラウドソーシングサイトの特徴としては短期間・単発の仕事が多いため「色々なクライアントとつながりを持つことができる」「多数のスキル・実績を積むことができる」ことにあります。

様々な案件を受注することでお金を稼ぎながら多数のスキル・実績を積んでいくことができます。

単価に関しては多少安いというデメリットがありますが、案件が取れずに悩んでいる方にはおすすめのサイトとなっています。

以下は無料で利用できるサイトですので、お試しで利用してみてください。

解決策 交渉が苦手な人

解決策 コミュニケーションが得意ではない人

交渉事が苦手、コミュニケーションが苦手で案件の獲得ができない、どうしても単価が低くなってしまうと悩んでいる方はフリーランス向けエージェントサイトを利用してみると良いでしょう。

フリーランス向けエージェントサイトとは「フリーランスの要望に沿った案件を紹介してくれる」サイトです。

フリーランス向けエージェントサイトの特徴としてはエージェントサイトの専属コンサルタントがあなたに合った案件を紹介してくれるため、一切営業活動することなく案件を獲得することができます。

また、半年以上の長期間契約の案件がメインのため、安定的に働くことができるといったことが魅力のひとつです。契約が切れる前にはエージェントサイトの専属コンサルタントが次の案件の紹介の準備もしてくれるため、案件が途切れることなく持続的に働くことができます。

サービスが充実しているエージェントサイトでは「給料保障制度」「損害賠償補償」「政務関連の雑務サポート」など様々な福利厚生が整っているサイトもあります。

案件確保に困っている、営業活動にストレスを抱える方にエージェントサイトはおすすめとなっています。

以下紹介するエージェントサイトはすべて無料で利用できますので、気軽にどんな案件が紹介されるか試してみると良いでしょう。

エージェントサイト 平均月収 案件数 コンサルタントの質 福利厚生 対応地区
【midworks】 72.2万円 東京、大阪
レバテックフリーランス 68.2万円 関東、関西、九州
FREE-DA 72.5万円 東京、神奈川、千葉、埼玉
フォスターフリーランス 74.5万円 × 東京、神奈川、千葉、埼玉
【Pe-BANK】 64.1万円 30都道府県

コメント

タイトルとURLをコピーしました