副業でフリーランスを始める方法 – 稼げる副業と絶対に知るべき注意点

本記事は、副業でフリーランスを始めたいという方に向けて書いた記事です。

「フリーランスとして活動したいけど、始め方がわからない」「副業で稼げる仕事は何?」「副業でフリーランスを始めるときの注意点」など、副業フリーランスとして活動したい人の疑問点について解説していきます。

フリーランスのメリット・デメリット

フリーランスとは「会社、団体に属さず、自由に個人で仕事を請け負う働き方」をする人を指します。

副業でフリーランスを始めるときのメリット・デメリットについてみていきましょう。

フリーランスのメリット

フリーランスのメリットとしては以下が挙げられます。

フリーランスのメリット

・時間・場所に縛られず働くことができる
・自分のスキルを活かせる
・転職せずに、自分の可能性を試すことができる
・自分だけのコネクションを持つことができる
・独立の準備ができる

副業フリーランスは、自分のすきま時間を見つけて、自分の好きな時間に、好きな場所で働くことができるので、規則に縛られずに自由で気楽に働くことができます。

仕事も自分の得意とすること、好きなことを仕事として選べるため、本業に比べてストレスが少ないということがメリットです。

また、「〇〇の仕事をしてみたいけど、今から本業を辞めて始めるのはちょっと怖い」というときに、副業として始めることができるので、リスクなく自分の可能性を試すことができます。

色々なクライアントからの案件をこなすことになるので、新しいコネクションを作ることができ、これから独立、起業したいといったときの準備にもなりますね。

フリーランスのデメリット

副業フリーランスのデメリットとしては以下が挙げられます。

フリーランスのデメリット

・スケジュール管理が難しい
・確定申告が必要になる

平日の夜もしくは、土日などのすきま時間しか仕事ができないため、自分のスケジュール管理をしっかりしなくてはいけません。

メリットとして「自由に働けるので、ストレスが少ない」ということを挙げましたが、スケジュール管理を失敗して、仕事を詰め込みすぎると、忙しすぎて逆にストレスになってしまいます。

仕事を受ける前に、十分に工数を見積もって、スケジュール管理をしっかり行っていきましょう。

また、副業で一定以上の収入を得た場合に、本業とは別に確定申告が必要になります。

副業で確定申告が必要なケース

副業で得た所得が20万円以上の場合、確定申告対象

申告対象にも関わらず、確定申告をしなかった場合、脱税行為となります。

この場合、本来収める税金に加えて「無申告加算税」「重加算税」「延滞税」などのペナルティも払う必要があり、納税金額が高くなるといったリスクがあります。

フリーランスの始め方

副業でフリーランスを始める方法としては、クラウドソーシングサイトを利用することをおすすめします。

クラウドソーシングサイトとは、「企業や個人が依頼した仕事を誰でも簡単に受けることができる」といったサイトです。

おすすめのクラウドソーシングサイトを紹介しますが、できればすべてのサイトに登録しておいたほうがよいです。

理由としては、ひとつのサイトだけだと、おいしい仕事が見つからないときがあるからです。

複数登録しておけば、自分の得意とする仕事だったり、単価の高い仕事などが見つけやすくなるので、より稼ぎやすい環境にできると思います。

いづれも無料のため、気軽に登録してみてください。

稼げる仕事選び

副業フリーランスで稼げる仕事について紹介していきます。

WEBライター

お手軽さ ★★★★★
時給 500円~3,000円

WEBライターは「商品を買ってもらうために商品を紹介する記事を書くお仕事」です。

経験やスキルを積めば、時給3,000円は稼げるようになります。

初心者の人でも時給500円くらい稼げるものになっており、気軽に始めれる仕事です。

時給500円は安いと感じるかもしれませんが、案件をこなして経験を積んでいけば、文章力も上がっていくため、自然と時給は上がっていきます。

記事の書き方を丁寧に教えてくれる親切なクライアントもいるため、初心者でも始めやすい仕事になっています。

WEBデザイナー

お手軽さ ★★☆☆☆
時給 1,000円~5,000円

WEBデザインはホームページ作成が主な仕事になっています。

WEBデザインに関しては、HTML、CSSなどのスキルに加えて、デザイン力も必要になってきますので、時給はかなり高めになっています。

wordpressでのホームページ作成依頼がかなり多くなっていますので、wordpressの知識も必要になってきますが、HTML, CSSを知っている人であれば、すぐわかると思うので、問題ないかと思います。

システムエンジニア

お手軽さ ★★☆☆☆
時給 1,000円~5,000円

システムエンジニアの仕事のメインはプログラム開発です。

ただし、クライアントから依頼された案件に関して、どんなプログラムを開発してほしいかについての要望を、正確にとらえなくてはいけないため、コニュニケーション能力も必要になっていきます。

時給は高い反面、初心者の方によっては、なかなかハードルが高いかもしれません。

ただし、本業がプログラマーの人であれば、本業以上の時給で稼げる案件が多数存在するので、おいしい仕事になっています。

翻訳

お手軽さ ★★☆☆☆
時給(日本語 → 英語(英訳)) 1,500円~2,500円
時給(英語 → 日本語(和訳)) 2,000円~4,000円

翻訳は、小説・雑誌・論文等の翻訳を行う仕事です。

英語の翻訳の相場に関して記載しましたが、スペイン語やフランス語等の英語以外の翻訳はもう少し単価が上がります。

翻訳の仕事で一番重視されているのは「翻訳の正確性」です。

正確性がいらないのであれば、Google翻訳などの翻訳サイトで十分ですからね。

間違った翻訳や、誤字・脱字の多い成果物をクライアントに提供してしまうと、クライアントからの評価を落としてしまい、継続して案件を受注できなくなってしまいます。

また、ただ単純に翻訳をすればよいのではなく、小説であれば、小説風の文章で翻訳しなくてはいけないなど、翻訳スキルだけではなく、文章スキルも必要になってきます。

正しく正確に翻訳できる翻訳家は希少であるため、非常に時給は高くなっています。

フリーランスの注意点

勤めている会社によっては、副業を禁止しているところもあります。

会社の就業規則を確認し、副業をしても良いかを確認しておきましょう。

副業は言わなければ、バレないと思っている方もいるかもしれませんが、基本的には会社にバレてしまいます。

バレる仕組みとしては、住民税額の違いにあります。

住民税額は「会社の給与 + 副業の収入」で算出されるため、「〇〇さんの住民税額が給与に対して、高いな」と気づかれてしまい、そこから副業がバレてしまいます。

また、確定申告のやり方や、確定申告に不備があった場合に、会社に通知されるときがあります。

会社が副業を禁止していないかを確実にチェックしておきましょう。

まとめ

まとめるとこんな感じです。

フリーランスのメリット

・時間・場所に縛られず働くことができる
・自分のスキルを活かせる
・転職せずに、自分の可能性を試すことができる
・自分だけのコネクションを持つことができる
・独立の準備ができる

フリーランスのデメリット

・スケジュール管理が難しい
・確定申告が必要になる

稼げる副業の種類

・WEBライター
・システムエンジニア
・翻訳

副業の注意点

・副業が許可されているか会社の就業規則をチェックしよう
 (副業は基本会社にバレます)

副業フリーランスは、自分の好きな仕事で稼ぐことができますし、上手くいけば、本業以上の時給で稼ぐことができます。

色々なクライアントからの案件をこなすことで、コネクションの幅も広がり、いづれ独立したいと考えている人にとっても有益なものになるかと思います。

本業で副業が禁止されていないのであれば、リスクも得にありませんので、ぜひチャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました