フリーランスの一人暮らしの入居審査が厳しい理由は?審査ポイントと必要書類

フリーランスの一人暮らしについて、賃貸契約の入居審査は厳しいという声を聞いたことはありませんか?

今回はフリーランスの一人暮らしについて

「入居審査が厳しい理由は?」
「入居審査に必要な書類は?」
「フリーランスが入居審査を通過するためのポイント」
「フリーランスの一人暮らしにかかる費用は?」

について解説していきます。

フリーランスの賃貸契約の審査が通りにくい理由

一般的にフリーランスはマンション・アパート等の賃貸契約の審査が通りにくいとされていますが、なぜ審査が通りにくいのかについて説明していきます。

収入が不安定なため

フリーランスは会社員と比べて高い年収を手にしている方が多くいます。

ただし、世間の目からすると、フリーランスは会社員に比べて収入が不安定とみられがちです。

会社員のように給料が確実にもらえるという補償がなく、「ケガや入院で働けない」「案件を獲得できず月の給料が見込めない」など様々な場面において給料が発生しないというリスクがあります。

賃貸契約は一定の金額を払い続けていかなければいけないため「給料の安定性」というのが審査として重視されるポイントとなるため、フリーランスの入居審査が厳しいという理由につながります。

フリーランス歴1年は厳しい

フリーランスで特に賃貸契約の審査が通りにくいのがフリーランス歴1年目の方です。

フリーランスの方は入居審査の判断材料として、過去の収入や貯蓄額を証明することになります。

しかしフリーランス歴1年目の場合、フリーランスとしての過去の収入を証明するものがないため、証明書となるものがなく審査に通りにくいといったことになります。

フリーランスの方が審査を通すためには、通帳の残高で十分な蓄えがあることを証明したり、入金履歴より高い収入があることを証明することで、大家さんによっては審査が認められる場合があります。

ただし、入金履歴などでは収入証明としては弱いため、やはり通常より審査に通りにくいというのは変わりありません。

フリーランスの入居審査に必要なものは?

フリーランスが入居するための審査に必要なものについて解説していきます。

収入を証明するための書類を提示

フリーランスは収入が不安定と思われがちのため、収入証明ができる書類が必要になってきます。

・住民税の課税証明書
・所得税の納税証明書
・確定申告書の控え
・通帳の履歴

住民税の課税証明書

住民税の課税証明書は、年間の所得が掲載されている書類です。フリーランスの収入を十分証明できる書類となっています。

市役所で証明書の発行ができますが、マイナンバーカードを持っていれば、コンビニのマルチコピー機でも発行できる書類となっています。

所得税の納税証明書

所得税の納税証明書も収入を証明できる書類となっています。

ただし、納税証明書には「未納税額」というものが記載されており、税金を納めていない方は審査に通りにくくなってしまいます。

納税証明書は、最寄りの税務署で発行できます。オンライン申請「e-Tax」を利用すれば、郵送発行もできますが、PCの場合は「ICカードリーダーとマイナンバーカード」、スマホの場合は「マイナンバーカードとマイナンバーカード読み取りに対応した機種」が必要になってきます。

確定申告書

確定申告書は、前年度の所得の証明となり収入を証明するための有効な手段です。

もし紛失した場合は、再発行に一か月はかかるので注意しましょう。

通帳の履歴

上記の3点がない場合は、通帳の履歴を審査対象にしてくれる場合があります。

ただし、こちらは入金、出金額しか載っておらず、経費などが考慮された正しい収入が見えません。

通帳の履歴が審査対象となるかは、相手次第のため、上記3点の収入証明書より不利になるかと思います。

フリーランス1年目の方は、こちらの方法を使わざるを得ないため、なぜ他の証明書を提出できないかなどの理由を説明すると良いでしょう。

その他必要な書類

収入証明以外に手続きに必要な書類について説明していきます。

大家さんや管理会社によって必要な書類は異なるため、どんな書類を用意すればよいか確認しておきましょう。

・身分証明書(運転免許証、保険証、パスポート等)
・住民票
・印鑑登録証明書
・通帳のコピー(預金審査がある場合)
・車検証(駐車場を借りる場合)
・印鑑

フリーランスが入居審査に通過するために押さえるべきポイント

入居審査を通すために必要なポイントについて押さえていきましょう。

収入に対する家賃の割合を意識する
預金証明も有効な手段
マナーと身だしなみに注意

収入に対する家賃の割合を意識する

収入に対してどれくらいの家賃にするかも審査の重要なポイントとなります。

一般的には収入の30%以下の家賃設定が審査に通りやすいとされていますが、フリーランスの場合は収入の20%~25%くらいを家賃に設定すると良いでしょう。

一般より設定額が低い理由としては、フリーランスの場合は収入から税金、保険料が引かれたり、経費が発生するため、手取り額は少ないと判断されるためです。

収入に対して高すぎる家賃の物件を借りようとしても支払い能力がないと判断されてしまうので、どのくらいの家賃の物件を借りるかは収入と相談しましょう。

預金証明も有効な手段

収入がない人でも、預金が十分があることが証明できれば、審査が有利になる場合があります。

現状の収入が少ない場合でも、預金残高を証明することで滞納の心配がないと判断してもらえるため、収入証明に加えて預金に関しても提示してみましょう。

マナーと身だしなみに注意

入居審査において、収入以外にも「賃貸の住民としてのマナーが守れるか」なども重要になってきます。

アパートの住民同士でのトラブルを起こさない常識があるか、ペット禁止などのルールが守れるかなども貸す側としては重視するポイントとなります。

大家さんや管理会社との対応での言動、行動、服装について気を付けていきましょう。

一人暮らしにかかるお金

参考までに一人暮らしにかかるお金についての目安を説明していきます。

収入が20万円以上ある方であれば、余裕をもって一人暮らしができるかと思います。

ただし、住んでいる地区によっては物価が高かったりするため、家賃、食費、交際費に関しては多少前後するとは思います。

東京の中心地に住みたい場合、部屋が狭くても駅に近いだけで家賃が多くなったりするため、中心地より少し離れたところに住むのも検討してみると良いでしょう。

・家賃(50,000~10,0000円)
・食費(30,000円)
・水道光熱費(目安:15,000円)
・通信費(目安:10,000円)
・交際費(目安:10,000~30,000円)

計:111,500~185,000円

賃貸で仕事をするフリーランスに気を付けておいてほしいこと

防音の低い賃貸は絶対にNG

防音がしっかりしていない賃貸を借りるのは絶対に避けましょう。

これが賃貸物件を借りる上でもっとも注意しておくべきことです。

私は壁が薄いと噂のレオパレスを借りた経験がありますが、まず隣の生活音は丸聞こえです。インターホンの音も聞こえますし、足音、テレビの音といった生活音も普通に聞こえます。

日常会話なども丸聞こえだったので、こちらの声がとなりに漏れないようズーム会議などを行う際に声を小さくして話さないといけないなど仕事にも支障をきたします。

また室外機が非常にうるさく、室外機の振動で窓が揺れてさらにうるさいといった状況でした。

となりのテレビの音がうるさすぎて隣人トラブルになったこともあります。隣人トラブルは非常にめんどくさくトラブルになった際の疲労感がすごいので家の中ではまともに仕事ができないという状況に陥ったこともあります。

結局引っ越しをするハメになってしまったので、騒音問題だけは絶対に注意するべき点だと感じました。レオパレスは騒音問題さえなければ、家具もついていて快適に過ごせるかと思いますが、騒音がすごすぎてきつかったです。

賃貸を選ぶポイントとしては以下の通りです。

  • 建物の構造は「鉄筋系(鉄筋コンクリート造)」を選ぶ
  • 間取りに注目する
  • 最上階や角部屋が一番良い

木造や鉄骨造の物件は音が響きやすいため、騒音レベルが高い可能性があります。それに比べて鉄筋コンクリート造は音が響きにくいです。賃貸物件の詳細を見ると大体どんな構造をしているかが記載されていますので、構造に注目して物件選びを行いましょう。

また予算の関係や、立地の関係などで木造、鉄骨造を選ばざるを得ない場合は、間取りについて注目してみましょう。例えば、自室の居間部分と隣の部屋にクローゼットや押し入れ、廊下などがあるなど、なるべくメインの部屋同士が隣接していない作りになっていると隣人の生活音などは聞こえづらくなります。

最上階や角部屋などもおすすめです。最上階ですと上の階に住んでいる人の足音などもないですし、角部屋ですと左右どちらかが誰もいないため、生活音が響くというリスクを減らすことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました