大阪で活動するフリーランスにおすすめのエージェントサイト – 平均単価や特徴を合わせて解説 –

「大阪でおすすめのエージェントサイトを知りたい」
「それぞれのエージェントサイトの特徴や平均単価を知りたい」

など大阪を拠点として活動しているフリーランスに向けておすすめのエージェントサイトをランキング形式で紹介していきます。

紹介するサイトは全て無料で利用できるサイトですので、ぜひ参考にしてみてください。

第1位 Midworks(ミッドワークス)

平均月単価 72.2万円
案件数
コンサルタントの質
福利厚生
支払いサイト 20日~35日(案件によって異なる)
※20日の場合、月末締め翌月20日払い

Midworksの特徴としては福利厚生がフリーランスエージェントサイトの中でダントツで充実している点です。

正社員並みに充実した福利厚生サービスを提供しており、中でも魅力的なのは病気やケガで入院してしまったときでも給料を保証してくれる制度というものがあります。

通常フリーランスは会社員のように給料が補償されることはないため、働けない月は給料がゼロになってしまうリスクがありますが、Midworksでは「所得補償制度」より給料が補償されるようになっています。

他にも以下のような福利厚生を提供しているため、安心してフリーランス活動を行っていけることがMidworksの魅力です。

  • 書籍代や勉強会費の1万円補助
  • 交通費の全額負担
  • 仕事中での対物・対人事故や、情報漏洩など賠償リスクの補償
  • フリーランスの方で報酬未払いなどのトラブルに弁護士を介して解決
  • 会計ソフトfreeeの無料利用
  • リロクラブ(グルメ、レジャー、スポーツ、くらし、子育て、介護等)の優待利用

第2位 Pe-BANK(ピーイーバンク)

平均月単価 64.1万円
案件数
コンサルタントの質
福利厚生
支払いサイト 40日(月末締め翌々月10日払い)

Pe-BANKの特徴は対応している地区が非常に多いということです。

他フリーランスエージェントで紹介する案件は東京を拠点とするものが多いですが、Pe-BANKは大阪だけではなく、全国31都道府県に対応した案件を紹介できます。

またオリジナルの福利厚生サービス「共済会制度」を提供しており「所得補償手当て」「生命共済」「がん共済」「入院日額手当て」「連鎖倒産防止制度」「事業資金貸付制度」「起業支援貸付制度」「資格取得支援事業」「慶弔金制度」など手当や保険に関するサポートを手厚く行っております。

平均月単価が他サイトに比べて低く見えますが、東京の案件の単価に比べてそれ以外の地方案件の単価は低く、Pe-BANKは地方案件を多く扱っているためどうしても平均月単価が下がってしまうという理由にあります。

第3位 レバテックフリーランス

平均月単価 68.2万円
案件数
コンサルタントの質
福利厚生
支払いサイト 15日(月末締め翌月15日払い)

レバテックフリーランスはエージェントサイトの中で扱っている案件数がNo.1となっています。

大阪だけで1,007件(2021年7月調べ)扱っており、あなたにマッチする案件が見つかりやすく、希望に沿った案件を紹介してもらえる可能性が高くなっています。

扱っている案件数が少なすぎるサイトだと「せっかくエージェントサイトに登録したのに案件が紹介されなかった」という例が少なくありません。

エージェントサイトに登録するうえで扱っている案件数の多さに関しても注目してみるとよいでしょう。

第4位 Teck Stock(テックストック)

平均月単価 81.5万円
案件数
コンサルタントの質
福利厚生 ×
支払いサイト 15日(月末締め翌月15日払い)

Teck Stockの一番の魅力としては月平均単価が高いということです。

月平均単価が高い理由としてはTeck Stockで扱う案件の93%がエンド直案件であるというところにあります。

通常のエージェントサイトでは、案件の依頼の流れとして「クライアント → エージェントA → エージェントB → ・・・ → フリーランス」のように複数のエージェントを経由する分、マージンが発生するため、単価が低くなってしまいます。

TECH STOCKでは「クライアント → TECH STOCK → フリーランス」とTECH STOCKの1社分しかマージンが発生しないので、高単価の案件を実現できるのです。

ただし、単価は高いですが福利厚生サービスがないというデメリットもあるので注意しましょう。

第5位 ギークスジョブ

平均月単価 70.5万円
案件数
コンサルタントの質
福利厚生
支払いサイト 25日(月末締め翌月25日払い)

ギークスジョブの特徴としてはフリーランスのサポート体制が充実している点です。

フリーランス1名につき、3名(営業、カウンセラー、サポート)の担当がつくため、1つ1つのサポートが手厚くなっています。

フリーランスが問題を抱えたり、悩んでいるときなどに素早く対応してくれますし、案件獲得までスピーディーな対応をしてくれるというのが魅力のひとつです。

また無料の勉強会や相談会を実施しており、「税金、保険などの相談」「単価を上げる方法」「スキルアップ方法」等々、有益な情報を無料で取得することができるので、勉強会、相談会に参加するだけでも価値があります。

第6位 テックビズフリーランス

平均月単価 60.0万円
案件数
コンサルタントの質
福利厚生
支払いサイト 20日(月末締め翌月20日払い)※即日払いも相談可

テックビズフリーランスの特徴は案件を紹介してもらえる平均件数が30件であることです。

多数の紹介された案件の中から自分で案件を選ぶことができるので、より自分の希望に合った案件に参画できるということになります。

またテックビズフリーランスには専属税理士がいて、領収書やレシートを指定された宛先に送るだけで、記帳、確定申告の代行を無料で行ってくれます。

確定申告等のめんどくさい事務作業を無料で行ってくれるのはありがたいですね。

一点デメリットとすれば、テックビズフリーランスは2015年に設立されたばかりの新しいサービスのため知名度が低いという点です。

知名度が低いため、テックビズフリーランスを実際に利用したという方の口コミが見つけにくいので、良いサービスを提供してくれるのかは実際に自分で試してみないとわかりません。

まとめ

大阪のおすすめのエージェントサイトについてまとめました。

エージェント名 平均月単価 案件数 コンサルタントの質 福利厚生
【midworks】 72.2万円
【Pe-BANK】 64.1万円
レバテックフリーランス 68.2万円
【TECH STOCK】 81.5万円 ×
ギークスジョブ 70.5万円
【テックビズフリーランス】 60.0万円

どのエージェントサイトを利用するかは自分が何を重視するかで決めると良いでしょう。

例えば総合的に判断するのであればMidworks単価のみを重視するのであればTECK STOCKを利用するなど自分の用途に合ったエージェントサイトを利用することをおすすめします。

またエージェントサイトは1つだけでなく、2~3つほど併用して活用してみるのも良いでしょう。各エージェントサイトで紹介された案件を比較して、より良い案件に参画するやり方が良いかと思います。

全て無料で利用できるサイトですので、複数サイトに登録してもデメリットはありません。ただし、4つ以上登録してしまうと管理が大変になってしまうので、最大で3つとすることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました