家でできるおすすめの仕事 – 稼ぐための仕事選び

現在コロナの影響もあり、世の中の働き方が変わりつつあります。

中でもかなり増えているのが「在宅ワーク」です。

在宅ワークって稼げるイメージがないという印象を持っていると思いますが、それは稼げない仕事を選んでいるからです。

在宅ワークでも色々な仕事がありますので、仕事選びさえ間違えなければ確実に稼ぐことができます。

今回は

  • そもそも家で仕事を始めるにはどうすればいいの?
  • 初心者の方でも家で稼げるおすすめの仕事
  • 専門職向けの高額収入を得られるおすすめの仕事

など皆さんの気になる疑問点について解説していこうと思います。

家での仕事の始め方

家で仕事の始め方としては以下の通りとなります。

  • 正社員・アルバイトとして仕事を探す
  • クラウドソーシングサイトに登録して仕事を探す

正社員・アルバイトの仕事を探す

意外に知られていないかもしれませんが、正社員・アルバイトとして現在家で仕事をする形態が流行りつつあります。

職種としては「WEBデザイナー」「プログラマー」「テレアポ業務」といったものがあり、特にIT関連は高単価のものが多いため大変人気です。

クラウドソーシングサイトで探す

クラウドソーシングサイトは「企業や個人が依頼した仕事を誰でも簡単に受けることができる」といったサイトです。

自分の好きな時間に好きな仕事を選んで、気軽にのんびり仕事ができるといったものです。

仕事の依頼は1つの仕事をこなすと、○万円といったように時給制ではなく歩合制がメインとなっています。会社での固定給とは違い、自分が頑張った分お金を得ることができるといった仕組みです。

デメリットとしては、始めたばかりで実績がないと単価が低いということです。

クラウドソーシングサイトではネットを介して仕事を依頼するため、あなたがどんな人物かがわかりません。

「丁寧な仕事をしてくれるのか」「納期を守ってくれるのか」「要望どおりの成果物を出してくれるのか」と仕事をする上で重要な情報がわからないので、実績のないうちはどうしても単価が低くなってしまいます。

数件ほど実績を積んで信頼を得れば高い単価で仕事を受注することができるようになりますので、はじめのうちはガマンが必要です。

おすすめのクラウドソーシングサイトを以下のとおりとなります。

こちらに関してはどれかに登録するのではなく、全部登録したほうが良いでしょう。

理由としてはひとつのサイトではおいしい仕事が見つからないときもあります。

複数のサイトで多数の案件があれば、自分の得意とする作業を見つけやすかったり、中には本業の給料を上回る金額を得れるような案件もみつけることができます。

初心者の方でも稼げるおすすめの仕事

専門的なスキルを必要とせず、だれでも簡単にお金を稼げる仕事を紹介していきます。

こちらに関してはクラウドソーシングサイトで実際に仕事をしている私の体験談も交えて紹介していきます。

データ入力

一般的にデータ入力系は時給が低いと言われていますが、「画像データ情報の入力」は結構な時給が稼げます。

画像データ情報の入力は「名刺や顧客カードの画像データ(PDF等)に書かれている情報をEXCELに入力していく」といった仕事です。

普通に名刺の画像データを目視で確認して、EXCELに出力するといった作業方法では確かに稼ぐことはできません。

わたしのやり方としては画像認識ツール(画像データを文字に起こしてくれる)を利用するという方法です。

  1. 画像認識ツールで画像データを一括で読み取る
  2. 読み取ったデータをEXCELにコピー&ペースト
  3. 依頼者が指定したフォーマットに整形
  4. 画像とExcelデータをチェックし、誤字等がないかを確認

わたしが受けた案件の例としては、5,000枚(1枚当たり15円)を大体30時間くらいかけて行い、75,000円の収入を得ました。(時給2,500円)

画像認識ツールは認字率の高い有料のものが良いですが、無料のものでも効率は間違いなく上がるので、ぜひ真似てみてください。

やり方さえ工夫していけば自力で単価を上げることができますので、仕事をする前にどうやったら効率良く仕事をできるかを考えてから取り掛かると良いでしょう。

文字起こし

音声データや、youtubeの動画等、話している内容をテキストに起こしていくという作業です。

一般的には時給300円~1,000円とされていますが、中には時給3,000円を稼ぐ方もいます。

わたしも1回だけチャレンジしてみましたが、なかなか難しかったです。

10分の動画(報酬額500円)を1時間くらいかけてやったので、時給500円くらいでした。

初めてやったときは、ツールを使用せずに動画を繰り返し再生し、黙々とやっていたので効率の悪いやり方だったと思います。

後日文字起こしに関するツールを調べてみました。

googleドキュメント(無料)には音声認識機能がついており、音声や、動画を再生すると自動で文字を起こすことができます。

文字起こし用の音声再生ソフト等も無料でダウンロードできますので、それらも駆使していけば効率は上がると思います。

商品の出品作業

クライアントが指定した情報をBUYMA(海外通販サイト)等に入力して出品を行っていく作業です。

こちらも1件だけこなしましたが、1商品あたりの出品で50円(5分くらい時間がかかりました)でした。

時給換算すると600円ですが、慣れてくればもう少し時給は上がると思います。

初心者におすすめのスキルを身につける仕事

本章で紹介するのは、お金を稼ぐ目的ではなくスキルを身につけるために仕事です。

例えば「5万円くらいでライティングセミナーをこれから販売していこうと思いますが、その前に最終調整としてセミナーの内容の評価や感想を聞きたい」といった内容のものです。

有料級のセミナー内容を無料で受けれるというメリットがあり(報酬が10円くらいでます)、わたしも無料セミナーを通じてライティングスキルを身につけました。

ただし、デメリットとしては無料セミナー後に他のセミナー(有料のもの)の勧誘を受けることが多々あることです。

断るなり、受けるにしてもお金を支払う価値があるのか、金額的に見合うスキルを身につけれるかなどを良く考えてから受講するようにしましょう。

高額収入のおすすめの仕事

こちらに関しては専門的なスキルを必要とする仕事です。

専門的なスキルが必要な代わりに高額の金額を受け取ることができます。

システム開発

システム開発はかなりおいしい仕事になっています。

本職がプログラマーである人では時給2,000円~5,000円くらいの収入は得ることができます。

その中でも意外に簡単だったのが、youtube系のアプリ作成です。

例えば「指定した条件(再生回数、登録者数、掲載時期)を指定すると、対象の動画のタイトル等を出力してほしい」といったようなものです。

プログラマーの人でもなかなかyoutube系のアプリを作ったことがある人は少ないと思いますが、google youtube API等の部品が用意されていますので、案外簡単に作成することができます。

また、ひとつyoutube系のアプリを作成してしまえば、他の案件にも使いまわしが効くため、結構稼げると思います。

ちなみに私はyoutube系のアプリ(報酬額80,000円)のものを16時間で作成しましたので、時給換算すると5,000円くらいでした。

プログラムが得意な人であれば、もっと稼げると思うのでおすすめのひとつとしています。

WEBデザイナー

WEBデザイナーも報酬額は高めとなっています。

プログラマーに比べて必要なスキルは少なめ(HTML, CSS等)ですが、デザイン能力が必要となっています。

時給でいうとプログラマーとあまり差がなく、時給2,000円~5,000円くらいとなっています。

ライティング

ライティングは「商品を売るためにその商品に関する紹介記事を書く」といったお仕事です。

こちらは初心者でもできますが、売れる記事を書くためのスキルがなければなかなか稼ぐことは難しいです。

  • SEO記事を書ける
  • コピーライティングを知っている

等々ライティングに関する知識をもっているのであれば、時給1,000円~3,000円くらいは稼げると思います。

ただし、案件の中には「ライティングスキルを教えながら報酬を払いますよ」といったものもあるので、初心者の方はスキルを身につけて時給を上げていくことを狙ってみるのもアリかと思います。

最後に

在宅ワークはお小遣い稼ぎであれば、初心者でも十分稼ぐことはできます。

簡単な仕事で一見単価が低く感じるものでも、ツール等を駆使して効率を上げることで自力で単価を上げることもできます。

また、IT関連等の専門的なスキルを身につけると、高収入を得ることも可能です。

低単価な案件でもスキルを身につけるために受けてみるのも良いかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました