副業をタイピングのみで稼げるのか?報酬別にタイピングの仕事を紹介

副業をしたいけど、副業に向いたスキルを持っていないという方はたくさんいます。

結論から言いますと、タイピングができれば副業でも稼ぐことは可能です。

今回は、副業で月10万円稼いでいる私の経験も踏まえた「タイピングのみで稼げる副業の仕事」「副業の始め方」「副業で稼ぐためのステップ」について紹介していきます。

タイピングのみで稼げる副業

タイピングのみで稼げる副業に関して、それぞれの仕事をどれくらいの収入で稼げるのかについて紹介していきます。

タイピングのみで稼げる仕事としては、データ入力系の仕事です。

データ入力といっても色々な種類の仕事がありますが、大きく分けると二つに分類されます。

<調査不要な仕事>
・画像(PDF等)のデータをEXCEL等に入力
・音声、動画の文字起こし
・商品の出品作業
・アンケートモニター
<調査が必要なデータ入力のお仕事>
・SNSのアカウント調査
・指定された会社の情報入力

調査が必要な仕事というのは、google等で必要な情報を検索して、その情報をテキストやEXCELに記入していくとったものです。

例えば、指定された会社のホームページを検索して、住所、電話番号、メールアドレスなどをテキストに転記していくといった仕事ですが、調査に時間がとられてしまい、かなり低い時給になってしまうため、おすすめしません。

また、調査が必要にも関わらず、調査が不要な仕事とほとんど単価は変わりません。

今回紹介していくのは、調査が不要な仕事について紹介していきます。

画像(PDF等)のデータをEXCEL等に入力

簡単さ 報酬(時給)
★★★★★ 100円~1,500円

おすすめの仕事のひとつが「名刺等(PDFの画像データ)に書かれている情報(会社名、住所、名前、メールアドレス等)をテキストやEXCELに入力していく」といったお仕事です。

わたしが過去に受けた案件の例としては、5,000枚の名刺(1枚の名刺の入力で15円の報酬)をEXCELに入力して、報酬額は75,000円といったものでした。

目視で名刺の情報を確認して、EXCELに入力していくという普通のやり方では1枚あたり2分(メールアドレスを目視で確認するのが面倒)くらいかかるので、時給換算すると450円ほどですが、私は以下のやり方で効率を上げてました。


文字認識ツールで画像データを一括で読み込む
(時間が少しかかるので放置している間に違う仕事に着手)
②文字化されたデータをExcelにコピー&ペースト
③クライアントの指定されたフォーマットになるようExcelのデータを整形
④画像とExcelデータをチェックし、誤字等がないかを確認
(文字認識ツールでもすべての文字が正しく読み込まれることはないのでチェックは必要)


このやり方で30時間くらいかけて、5,000枚の名刺の入力を終えたので、時給換算すると2,500円くらいでした。(ほとんどの時間を④の誤字チェックで使いました)

データ入力系の仕事は、時給100円~1,500円とされていますが、やり方さえ工夫すれば、自力で時給を上げることもできます。

大事なのは「ツールを使うこと」「仕事をやる前に効率の良い方法を考えること」です。

ツールに関しては、google検索すれば、大体やりたいことを叶えてくれるツールは見つかります。

例えば今回文字認識ツールを使いましたが「文字認識 + ” ” + “ツール”」でgoogle検索すれば出てきます。

私の場合は、元々有料の文字認識ツール(有料のツールのほうが認字率が高い)を持っていたのでそちらを使いましたが、無料のものでも大分効率が上がると思うので、試してみると良いかと思います。

出品登録

簡単さ 報酬(時給)
★★★★★ 300円~1,000円

クライアントが指定した商品情報をBUYMA(海外通販サイト)等に入力して出品を行っていく作業です。

こちらも案件を1件だけこなした経験があります。

10件の商品入力で500円(1件あたり50円)という内容のものを受注したことがあります。

1商品あたり5分くらいかかってしまったので、時給換算すると600円ほどでしたが、慣れてくればもう少し時給は上がると思います。

出品登録の仕事は、時給は安いかもしれませんが、携帯でもできる仕事なので、電車での移動中などの暇な時間でも気軽にこなせる仕事なので、副業に向いている仕事です。

文字起こし

簡単さ 報酬(時給)
★★★☆☆ 300円~2,000円

こちらは会議での会話や、youtube動画の音声データを文字に起こしていくといった作業をする仕事です。

わたしはこの仕事は1件くらいしかこなしたことはありませんが、こなした本数が少なく慣れていないということもあり、10分の動画の文字起こし(500円)に対して1時間ちょっとかかってました。

初めてやったときは、ツールをまったく使わず、すべて手作業で行ったのでかなり時間がかかってしまいました。

文字起こしを専門として仕事をしている人の中には、時給3,000円を稼いでいる人もいるので、ツールを利用するともっと時給は伸ばせると思います。

意外に知られていないかもしれませんが、googleドキュメント(無料)には音声認識機能がついているので、音声や、動画を再生すると自動で文字を起こすことができます。

文字起こし用の音声再生ソフト等も無料でダウンロードできますので、それらも駆使していけば効率は上がると思います。

ただし、音声データが聞き取りにくいということもあるかもしれませんので、そういう案件に当たったら苦労するかもしれません。

アンケートモニター

簡単さ 報酬(時給)
★★★★★ 100円~500円

アンケートモニターは、アンケートに答えていくだけの仕事なので、出品登録と同様に携帯で暇な時間にできる仕事になっています。

ただし、低い時給の案件が多いです。

1案件あたり大体5分~10分くらいで終わるものが多いですが、報酬額は10円~100円くらいです。

時給は、他の仕事より大分劣ってしまいますが、短時間で終わるというのがメリットです。

時給自体は低いので、お小遣いを稼ぎたいという方向けです。

副業はどうやって始めればよいのか?

タイピング関連の副業をやりたいのであれば、クラウドソーシングサイトをおすすめします。

クラウドソーシングサイトとは「企業や個人が依頼した仕事を誰でも簡単に受けることができる」といったサイトです。

本来は、仕事を受注するために、自分の持っているコネから仕事を受注したり、営業をして仕事を獲得しなくてはいけませんが、クラウドソーシングサイトでは、様々なクライアントが案件を発注しているため、その中から自分の好きな仕事や、得意な案件を探して受注することができます。

こちらではおすすめのクラウドソーシングサイトについて紹介していきますが、できればすべてのサイトに登録していくことをおすすめします。

理由としては、ひとつのサイトだけだとなかなかおいしい案件を見つけるのが難しいです。

複数のサイトに登録しておけば、自分の得意とする仕事だったり、中には本業を超える単価の案件を見つけることができるかもしれません。

いづれも無料ですので、気軽に登録してみましょう。

副業で稼ぐためのステップ

副業を始めるうえで注意してほしいのは、始めたばかりだと高単価の案件を受けることは難しいということです。

理由としては、クラウドソーシングサイトではクライアントが案件を依頼するとき、会ったこともない、どんな人物かもわからない人に依頼をするので、実績が重要視されます。

始めたばかりであると、実績がまったくないため「品質の高い仕事をしてくれるのか?」「納期をちゃんと守ってくれるのか?」など仕事をする上で重要なことがわからないため、単価を低く設定せざるを得ません。

逆に言えば、高評価の実績を積みかさねれば、単価の高い仕事も受注できますし、単価交渉もできるようになります。

ということで、本章では副業で単価を上げるまでの道のりについて紹介していきます。

ステップ1 実績作りから始めよう

前述でも記載したとおり、始めたばかりだとクライアントからの信用できる材料(実績)がないため、高単価の案件を受注することはかなり難しいです。

案件を受注できない場合は、低単価の案件を受注して、実績を作っていくということから始めましょう。

ただし、低単価だからといっていい加減な仕事をしてしまうと、低評価の実績がついてしまうため、以下のことを心がけて仕事に取り組んでいきましょう。

何事も下積みは大事です。

・クライアントの要望どおりの成果物を提出する
・誤字、脱字のない丁寧な仕事をする
・納期は必ず守る

ステップ2 仕事を選ぶ

実績をある程度積んだ段階で、受注する案件を選んでいきましょう。

実績をある程度積めば、高い案件でも受注することができますので、低い単価の案件からは卒業していきましょう。

仕事を受ける前に、工数見積もりを行い、どれくらいの時給で仕事ができるかを計算していくことが大事です。

なかにはどんなに効率良く仕事をしても、時給100円くらいしか稼げないといった超低単価案件もありますからね。

ステップ3 単価交渉を行う

実績とスキルを身につければ、高い単価の案件も受注できるようになります。

また、単価交渉をすることにより、単価を上げていくというのも手段のひとつです。

同じクライアントからの依頼を受ける場合、単価交渉をしてみましょう。

過去にクライアントから高評価を受けている場合は、「丁寧な仕事をしてくれる」ということを評価されているはずなので単価交渉にも応じてくれるはずです。

ステップ4 個別案件を狙う

最終目標としてはクライアントから個別に依頼されることを目標にしましょう。

クライアントから直接依頼をもらうということは、あなたの仕事をかなり評価している証拠です。

こういう個別依頼の案件はかなり高額な金額が設定されています。

私の場合は、データ入力系の仕事ではありませんが、ライティング案件で個別依頼を受けたことがあり、最高金額で言うと1文字当たり10円(時給10,000円くらい)というものもありました。

個別依頼をされるようところまでくれば、確実に稼ぐことができます。

まとめ

まとめるとこんな感じです。

タイピングのみで稼げる副業

・画像(PDF等)のデータをEXCEL等に入力
・出品登録
・文字起こし
・アンケートモニター

副業で稼ぐためのステップ

・ステップ1 実績作りから始めよう
・ステップ2 仕事を選ぶ
・ステップ3 単価交渉を行う
・ステップ4 個別案件を狙う

タイピングのみしかできない方でも副業で十分稼ぐことはできます。

ただし、始めたばかりのときは、低い単価の案件しか受注できなく、心が折れてしまい、副業に挫折するという方がたくさんいます。

副業で稼ぐには「継続すること」「丁寧な仕事をする」ということが大事です。

それさえ、しっかり行っていけば、確実に稼げるようになるので、ぜひチャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました