副業エンジニアにおすすめの案件紹介サービス!土日、在宅可能OK

「すきま時間に副業をして有効活用したい」
「エンジニアで副業は稼げる?」
「そもそもどうやって副業を始めるの?」

とエンジニアの方が副業を始めたいと思うときに、こういった疑問を抱えると思います。

結論としては、「エンジニアの副業は、単価が高く、稼ぎやすい案件が多い」です。

本記事では副業エンジニアを始めたい人のために

・副業エンジニアが良い理由
・副業エンジニアの始め方
・副業をするときの注意点

について解説していきます。

副業エンジニアの魅力

副業エンジニアをおすすめする理由としては以下の通りです。

・単価が高い
・自由な時間に家で仕事ができる
・経験・スキルを身につけれる
・起業・独立の準備ができる

単価が高い

ITエンジニアの副業案件は、他の副業案件に比べて、単価がかなり高いものが多いです。

理由としては、専門的なスキルが必要であり、またアプリ開発もまだまだ需要が高く、中でもyoutube系やSNS系のアプリ開発の需要が高くなっています。

例えば、「指定された条件で検索し、該当のyoutube動画の情報を出力するアプリを作成してほしい」などの依頼内容で、報酬額が20万円(3日くらいで終わるボリューム)という超高額報酬の案件もあります。

「Google Youtube API」や「Twitter API」などの部品(無料)がありますし、サンプルソース等も多数公開されていますので、youtube系、SNS系のアプリを作成したことのない人でも、簡単に開発できます。

自由な時間に家で仕事ができる

ITエンジニア系の副業の仕事は、在宅案件が多数あるということが魅力のひとつです。

また、副業案件は納期は当然ありますが、土日や平日の隙間時間だけでもこなせるボリュームの案件が多いため、家で自分のやりたいときに仕事ができますので、ストレスなくこなせるというのがメリットです。

経験・スキルを身につけれる

副業の仕事は、本業の仕事とは全く違う経験やスキルが身につけられます。

例えば

「本業ではプログラミングやテストなどの下流工程しかできないけど、要件定義、設計等の上流工程をやってみたい」
「ネットワーク保守やサーバ構築などもやってみたい」

など、副業は幅広い分野の案件があるため、自分のやったことのない仕事も経験できます。

また、仕事の全体的な流れを体験でき、「今やっている作業は、なんのためにやっているものか」を理解できるため、仕事への理解度、取り組み方がかわり、本業でも評価されることにつながります。

独立・起業の準備ができる

副業では、様々なクライアントから案件を受注し、仕事をこなしていくことになります。

クライアントから仕事が評価されれば、継続して案件をもらえたり、個別に案件を依頼されるようになります。

こういうクライアントとの繋がりは、独立・起業したときの仕事の受け口となります。

案件を受注できる相手が増えれば、独立・起業したときに安定性が増しますし、受注できる案件が多いため、おいしい仕事、単価の高い仕事を選べるということにもつながります。

副業エンジニアを始める

エンジニアが副業を始めるおすすめの方法としては、クラウドソーシングサイトを利用することです。

クラウドソーシングサイトとは「企業や個人が依頼した仕事を誰でも簡単に受けることができる」といったサイトです。

エンジニアが副業を始める方法としては、知人から仕事を紹介してもらったり、営業をして案件を獲得する方法もありますが、安定しなかったり、営業で時間を費やしてしまい、メインの仕事に集中できないといったデメリットがあります。

副業エンジニアを挫折する人の特徴としては、「営業で労力、コストを使い、疲弊してしまう」というのがほとんどです。

クラウドソーシングサイトであれば、サイトに登録するだけで、すぐに副業の案件を受注することができます。

無料で登録できるおすすめのクラウドソーシングサイト

本章では、会員登録、システム利用ともに無料で利用できるクラウドソーシングサイトについて紹介していきます。

リモート案件のみ案件を扱うサイト

「リモートビズ」は「在宅可能、週2日からでも働ける案件を紹介してくれるサイト」となっています。

「リモートビズ」で紹介する案件は、「固定報酬型」ではなく、「時給単価型」です。

働いた分だけ給料としてもらえるため、安定した収入が見込めます。

固定報酬型だと、与えられた仕事に対してどんなに時間がかかってしまっても得られる給料は変わりませんが、時給単価型であるため、働いた分そのまま給料が追加されていくという仕組みです。

エンジニア副業【リモートビズ】

日本2大大手のクラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトで有名どころと言えば、「クラウドワークス」と「ランサーズ」です。

「クラウドワークス」と「ランサーズ」は、案件数も多く、副業の種類も豊富で、好きな仕事、時給の高い仕事を見つけやすいということが特徴です。

IT系の案件だけではなく「データ入力(単純作業)」「WEBライター」「WEBデザイン」「動画編集」「アンケート」等々幅広く、仕事を扱っています。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

クラウドソーシング「ランサーズ」

自分のスキルを販売するサイト

「ココナラ」は、「自分のもっているスキルを販売できる」サイトです。

もちろん、販売形式の依頼だけではなく、クライアント側が依頼した案件を受注するといった受注形式のお仕事もあるので、仕事探しがすごくしやすいサービス内容になっています。

「ココナラ」に関しても仕事の種類は、IT系だけでなく、様々な種類の仕事が扱われています。

スキルのフリマ「ココナラ」

副業での注意点

副業を行う上での注意点について説明します。

副業禁止かを確認しよう

本業の会社で副業が禁止されているかをチェックしましょう。

就業規則に記載されているはずです。

本業で副業が禁止されているにもかかわらず、副業を行い、本業の会社に損失を与えてしまった場合、最悪、懲戒処分の恐れがありますので、注意しましょう。

<本業に支障を与えるケース>
・本業の信頼を落とすような副業がバレる(水商売系、マルチ商法等)
・長時間労働より本業のパフォーマンス低下
・情報漏洩
<懲戒処分の罰則>
・減給
・降格
・懲戒解雇

確定申告に注意

副業の所得が20万円を越える場合、本業とは別に確定申告が必要になってきます。

1月1日から12月31日までの一年間で得た副業の所得が20万円を超えた場合、確定申告が必要

確定申告は「本業、副業での所得より税金の計算し収める手続き」のため、確定申告をしなかった場合、脱税行為となります。

この場合、本来収める税金に加えて「無申告加算税」「重加算税」「延滞税」などのペナルティも払う必要があり、納税金額が高くなるといったリスクがあります。

まとめ

まとめるとこんな感じです。

副業エンジニアのおすすめポイント
  • 単価の高い案件が多い
  • 自由な時間に家で仕事ができる
  • 経験・スキルを身につけれる
  • 独立・起業の準備ができる
副業の注意点
  • 副業禁止かを確認しよう
  • 確定申告に注意

コメント

タイトルとURLをコピーしました