フリーランスに絶対役立つツールは?用途別に必須ツールを徹底解説!

フリーランスは案件獲得のための営業や、確定申告のための日々の会計作業など仕事以外のことでやらなければいけない作業が多くあります。

そんな大変な作業が多いフリーランスに向けて今回は

「フリーランスが案件を獲得するために役立つツール」
「フリーランスの金銭面で役立つツール(確定申告等)」
「福利厚生に悩んでいるフリーランスに役立つツール」

について紹介していきます。

フリーランスが案件を獲得するために役立つツール

フリーランスは自分で営業活動を行い案件を獲得しなければいけません。

案件獲得のための営業活動は膨大な工数がかかり、フリーランスにとっての一番の課題とも言えます。

本章では案件を獲得するのに便利なツールについて紹介していきます。

短期契約の案件を獲得したい

短期間、単発での案件を獲得したいフリーランスに向けて便利なツールを紹介していきます。

こちらを利用するメリットとしては短期間で終わる仕事のため、多くのクライアントと仕事をすることになり、多数のスキル・実績を身につけることができるということです。

スキル・実績を身につけることによって、今後の案件獲得の単価アップを目指したいという方におすすめとなっています。

CrowdWorks(クラウドワークス)

クラウドワークスは「個人や企業が依頼する案件を誰でも簡単に受注することができるクラウドソーシングサイト」です。

クラウドソーシングサイトの中で国内No.1のシェアを誇り、200種類近くあるジャンルから仕事を選ぶことができるため、自分のスキルや条件に合った案件を獲得しやすくなっています。

仕事の難易度は初心者から上級者まで幅広い案件を扱っているため、自分の得意とする仕事や、今までやってこなかった仕事にチャレンジし、スキルアップを目指せるツールとなっています。

Lancers(ランサーズ)

ランサーズはクラウドワークスに次ぐ国内最大規模のクラウドソーシングサイトです。

クラウドワークスより扱っている案件数が少なく、案件の難易度が高いですが、その分クラウドワークスに比べて単価が高い傾向にあります。

自分のスキルを磨きたい、高い報酬で働きたいという方はランサーズがおすすめです。

クラウドワークス ランサーズ
利用料金 無料 無料
案件数
案件の質
サービスの知名度
サポートの充実度

長期契約の案件を獲得したい

長期契約の案件を獲得することができるツールについて紹介していきます。

長期契約の案件のメリットとしては「安定的な収入を得ることができる」ということです。

今回紹介するツールに関してはフリーランスに高いスキル・実績を求められますが、その分高い月単価で案件を獲得することができ、案件獲得のための営業活動も一切不要です。

Midworks(ミッドワークス)

利用料金 月平均単価 案件数 コンサルタント 福利厚生 対応地区
無料 72.2万円 東京、大阪

Midworks(ミッドワークス)は「フリーランスの要望に沿った案件を紹介してくれる」フリーランス向けエージェントサイトです。

Midworks(ミッドワークス)の専属コンサルタントがフリーランスの希望単価、働きたい場所、働きたい条件(定時退社等)をヒアリングし、フリーランスの要望に沿った案件を紹介してくれるため、営業活動を一切することなく、案件に参画することができます。

また案件の契約が切れる前に次の案件紹介の準備をしてくれるため、案件を途切れさせることなく安定した働き方を提供してくれます。

Midworks(ミッドワークス)の最大の特徴としては福利厚生がフリーランス向けエージェントサイトの中でダントツで優れている点です。

損害賠償補償、給料保障制度、税務サポート、各種施設の優待利用など様々なサービスを受けることができます。

地方在住の方は案件紹介が難しいですが、東京、大阪で勤務したいという方にはおすすめのサイトとなっています。

TechStock(テックストック)

利用料金 月平均単価 案件数 コンサルタント 福利厚生 対応地区
無料 81.5万円 × 関東、関西、愛知、北海道、沖縄

TechStock(テックストック)はMidworksとは違い福利厚生サービスを提供していませんが、その分圧倒的に月単価が高いという特徴を持っています。

フリーランスとして安心できる活動を求めるのであればMidworks、高額報酬で働きたいという方はテックストックを利用すると良いでしょう。

Pe-BANK(ピーイーバング)

利用料金 月平均単価 案件数 コンサルタント 福利厚生 対応地区
無料 64.1万円 31都道府県

Pe-BANKの特徴としては対応している地区が多いため、地方で働くフリーランスの方でも利用できるという点です。

月平均単価が低く見えますが、地方案件は首都圏に比べて単価が低いため、地方案件を多数扱っているPe-BANKは他エージェントサイトに比べて平均的に低くなっています。

またPe-BANKはオリジナルの福利厚生「共済会制度」(医療費、事業保障、生活保障等)を提供しており、Midworksに比べて遜色のないサービスを提供してくれます。

バランス的に最も整ったMidworks、高収入を求めるため方はテックストック、地方在住の方はPe-BANKを利用すると良いでしょう。

フリーランスの金銭面で役立つツール(確定申告等)

フリーランスは日々の経費、収入を細かく記録していかなければいけませんが、忙しいため後回しになってしまうことがあります。確定申告前になって慌てて作業を行う方が結構いるようです。

そんな確定申告や会計管理をサポートしてくれるツールについて紹介していきます。

会計ソフトfreee

会計ソフトfreeeは帳簿付けやかくて申告の書類作成が簡単にできるツールです。

レシートや領収書をアップロードするだけで自動で経費入力してくれるため、日々の会計作業が楽に行えます。

また確定申告の書類も白色申告と青色申告の両方に対応しており、ツールの手順に従って入力するだけで入力内容に迷うことなく楽に書類が作れるツールです。

有料ではありますが、確定申告を税理士に任せるよりはるかに安くなっています。30日間は無料で利用できるのでお試しで利用してみるのも良いでしょう。

料金表 ・無料
・スタータープラン:1,300円/月
・スタンダードプラン:2,600円/月

福利厚生に悩んでいるフリーランスに役立つツール

フリーランスは会社員とは違い福利厚生が用意されていないため、客先で問題を起こした場合の保障や、病気にかかったときに一切働くことができず給料が発生しない等、安心した働き方ができません。

そんなフリーランスでも会社員と同様の福利厚生を提供してくれるサービスが用意されています。

フリーランス協会

「フリーランス協会」はフリーランスの福利厚生サービスの中で最も有名であり、以下のサービスを受けることができます。

年会費1万円となっており、お金はかかりますが充実した福利厚生サービスを提供してくれます。

損害責任補償

仕事中での対物・対人事故や、情報漏洩、納品物の瑕疵などフリーランス特有の賠償リスクに対して補償してくれる保険です。

所得補償

ケガや病気で働けなくなった場合に喪失所得を保険金として受け取れる制度です。

弁護士費用保険

フリーランスの方で報酬未払いなどのトラブルがあった場合に弁護士を介してトラブルを解決してくれるプランとなっています。

WELBOX

「WELBOX」は人間ドックや健康診断の割引、リラクセージョン、子育て支援、税務・法務相談、レジャー施設やグルメ・ショッピングなどの優待など全国3,000施設の優遇利用が可能なサービスです。

フリーナンス(FREENANCE)

「フリーナンス」は損害賠償・収納代行に特化したサービスです。

フリーナンスでは以下のサービスを提供しています。

・あんしん補償(事故や納品物の欠損、情報漏洩・納期遅延などの事故補償)
・即日払い(請求書の買い取りより代金を即日払いしてくれるシステム)
・所得補償(ケガ・病気などの所得補償)
・特別感染症保険(コロナウォルスが診断されたときに一時金10万円の受け取り)
・口座開設(フリーランス専用の口座を開設)

レジャー施設、リラクセーションなどの優待利用などはありませんが、フリーナンス振込用の専用口座を開設するだけで、無料で利用できるサービスとなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました