フリーランスの名刺の作成方法について徹底解説!必須項目、デザイン、便利なツール等

フリーランスにとって名刺は営業ツールのようなものです。

クライアントとの名刺交換や、交流会での人脈を広げる機会など様々な場面で名刺交換をする機会があります。

しかし、いざ名刺を作ろうとしても「何を書けばいいのか?」「何を書いたら恰好のつく名刺になるのか」「デザインはどうしよう」など結構迷うポイントがあるのが名刺作成です。

今回はフリーランスの名刺作成について

  • 名刺に印字しておくべき項目
  • 名刺を作成する方法は?
  • 自分で作成する場合に印刷はどうしたらよい?

などについて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもフリーランスに名刺は必要?

フリーランスにとって名刺は必須アイテムです。

フリーランスは仕事を獲得するために営業活動を行いますので、その際に名刺交換を行う機会があります。

営業活動を行わずエージェントサイトで案件紹介をしてもらおうと考えている方に関しても、クライアントとの面談時に交換する場合や、常駐先での交換などが想定されます。

またフリーランス交流会やセミナーに参加した際にも名刺は携帯しておくべきです。

仕事を獲得する、人脈を広げるチャンスが発生したときに「名刺がありません」ではフリーランスとして恰好がつきませんのでフリーランスは必ず名刺を用意しておきましょう。

名刺に入れるべき項目は?

フリーランスの名刺を作成するときに何を書けばよいのか実際の例に合わせて紹介していきます。

①屋号

まずは「屋号」を載せましょう。屋号を持っていない場合は載せなくても良いですが、あったほうが相手からの信頼感を得ることができます。

②肩書

肩書についてはなくても良いですが、自分がどんな活動をしているのかが分かるよう載せておいた方がよいです。

例えば「WEBデザイナー」「システムエンジニア」などの記載でも良いですが、「◯◯特化のWEBデザイナー」「金融業に詳しいシステムエンジニア」などより詳しく書けば相手にどんなことができるのかがより伝わりやすいかと思います。

資格を持っている場合は、名刺に資格を載せるのも信頼性を高める効果があります。

②名前

「本名」を記載する場合と「ペンネーム」を記載する場合があります。

両方記載する場合は「ペンネーム(本名)」という書き方でカッコの中に本名を記載すると良いでしょう。

④住所

事業所もしくは自分が作業している場所の住所を載せましょう。

ただし、フリーランスの方は自宅で作業している方が多く、自宅の住所を載せるのに抵抗がある方もいるとは思います。

その場合は載せなくても良いですが、書いてあるのとないのとでは相手に与える信頼感が全く変わります。

自分の住所でないものを登録する方法としては「レンタルオフィス」「バーチャルオフィス」を借りてその場所を住所として記載する方法もありますがお金が掛かってしまいます。

「住所有り」と「住所無し」の2パターンの名刺を作成し、フリーランス懇親会などの仕事相手ではない方に名刺を配る際には住所が載ってない名刺を渡す、信頼できるクライアントには住所が載っている名刺を配るなどの使い分けをしてもよいかもしれません。

⑤連絡先

「電話番号」には携帯番号もしくは事業所の番号を載せてください。

「メールアドレス」に関してはGメールなどのフリーメールでも良いですが、企業によってはセキュリティの関係上受け取れなかったりするためフリーメール以外のメールアドレスを用意しておくと良いでしょう。

独自のドメイン名でメールアドレスを取得するのが最適ではありますが、携帯のメールアドレス、icloudのメールアドレス、outlookのメールアドレスでも良いでしょう。

「FAX」に関してはあれば載せる程度で良いです。

⑥運営しているサイトのURL

運営しているホームページのURLや、個人ブログのURLなど自分のスキルを売り込めるような内容が載っているサイトがあれば、そのURLを載せておきましょう。

最近ではツイッターやインスタグラムのIDを載せる方も多いようです。ただしツイッターやインスタグラムはあくまで仕事用のアカウントを用意してから載せましょう。

名刺の作成方法は?

名刺を作成する方法としては以下の3つあります。

  • 名刺を自作できるツールを利用する
  • 業者に名刺作成を依頼する
  • 自力でデザインを決めて作成する

それぞれの作成方法について順に解説していきます。

名刺を自作できるツールを利用する

引用元:スタプリ名刺

名刺を自作する場合に用いるおすすめのツールとしては「スタプリ名刺」一択です。

他の名刺作成ツールとしては「Canva」「ラベル屋さん」「Design MAKER(マヒトデザイン)」などありますが、「会員登録しなくても利用できる」「無料で使用」「UIが優れている」を考慮すると他のサイトより圧倒的に優れています。

業者に名刺作成を依頼する

名刺の作成枚数が多い場合や、短時間で名刺を作成したいという方は名刺作成を業者に依頼すると良いでしょう。

値段の安い業者に頼めば500円/100枚くらいで作成してくれますので、自分で作成した際にかかる印刷用紙やインク代などを考慮すると業者に依頼したほうが圧倒的に楽です。

業者に依頼する場合のおすすめのサイトについて紹介しておきます。

使いやすさと料金面に優しい「ビスタプリント」

引用元:「ビスタプリント」
値段 1,628円/100枚
テンプレートの種類 5,000種類
注文から名刺が届くまでの期間 注文から4~5営業日内

「ビスタプリント」はテンプレートの種類が豊富で名刺の発注は100枚単位で枚数が多いほど料金単価がかなり安くなります。(2,143円/200枚、2,659円/300枚)

おしゃれな名刺を作りたい場合は「whoo」

引用元:「whoo」
値段 5,588円/100枚
テンプレートの種類 700種類
注文から名刺が届くまでの期間 注文から2〜7営業日後

「whoo」はハイクオリティな名刺を作りたい人向けであるため、残念ながら料金は他サイトに比べてかなり高めの設定となっています。

名刺のデザインにこだわりを持って作りたい人におすすめのサイトです。

安く名刺を作りたいのなら「ラクスル」

引用元:「ラクスル」
値段 100枚/499円~
テンプレートの種類 240種類
注文から名刺が届くまでの期間 注文から2〜7営業日後

「ラクスル」は他サイトに比べて圧倒的に安い金額で名刺を作成できるサイトです。低コストで作れますがデザインも良いものがあるので私としてはこちらのサイトが一番のおすすめです。

自力でデザインを決めて作成する

自分で作成する場合は「word」もしくは「Excel」で作成することができます。

「word」「Excel」での名刺作成方法については以下の記事が分かりやすく書いてあるので参考にしてみてください。

自分で名刺を作成する場合は名刺用の印刷用紙が必要

業者を利用した場合は、名刺の印刷も合わせて行ってくれますが、自分で名刺のデザインを作成した場合は自分で印刷を行う必要があります。

その際に必要なものとしては「パソコン」「プリンター」「名刺用の印刷用紙」が必要になってきます。

印刷用紙は大体200円~1,000円(100枚)です。Amazonなどで購入してみましょう。

最後に

フリーランスにとって名刺は一種の営業ツールです。

フリーランスは仕事の相手先やフリーランス交流会など様々な場面で名刺が必要になってきます。

人脈を広げるためにも積極的に名刺を配っておけば、その後連絡が来てビジネスチャンスに発展こともあります。

デザインに関してはそれほどこだわらなくても良いですが、自分の肩書、名前、連絡先は最低限印字した名刺を作成しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました